柴犬の元太から見た日常を楽しくお伝えします♪

いや~~、父ちゃんの体調不良でどうなるかと思いましたが、無事に帰省することができ、昨日小松へ帰ってきました。

帰省中のお話はたくさんあるのですが、今日は元太のお誕生日なのでまずはここでお祝いさせて頂きます。


元太、13歳のお誕生日おめでとう(*^_^*)

歳を重ねるにつれ、今までできていたことができなくなったりして、元太自身不思議に思うことがあるかと思うけど、それはみんなが経験することだから何も心配することはないよ。

この先、歩けなくなったり目が見えなくなったら、父ちゃんと母ちゃんが元太の眼となり足となるからね。

だから元太は今まで通り、元太らしく日々をゆっくりのんびり過ごしていってね。

あなたが元気で笑顔で、ずっと傍にいてくれる・・・ただそれだけで父ちゃんと母ちゃんは充分幸せなんだよ。

元太、今日もこうして傍にいてくれて本当にありがとう。

これからもずっとずっと一緒にいようね。

大好きだよ、元太(*^_^*)

そして今日は終戦記念日。

誰よりも穏やかで優しくて争いごとが嫌いな元太。

この日に生まれてきたことも何か意味があるのかもしれないね。




           2017年 8月15日の元太。

           元太お店2017-815



           元太の10歳のお誕生日の時に作った記念のムービー。
           今も変わらず同じ想いでいるよ。

           




                今日もご訪問くださりありがとうございました(*^_^*)



                ネットショップはコチラから♪
                s-ショップ2

            

      お時間のある方はこちらのブログも覗いてみてくださいね♪

                ぶろぐ



2017.08.15 / Top↑
昨日、おいらの口元を診てもらうため、すー先生の所へ。

思ったより傷口は開いてなかったけど、今抜糸すると開く可能性が高いので、もう一週間抜糸が延びた。

その間、また口元が痒くなってスリスリするかもしれないけど、頑張って我慢するしかない。

肝臓の数値が悪かったのでステロイドの量を減らした分、また元の量に戻せばカイカイも良くなるとのこと。

が、すー先生が「眼で見える部分を気にするか、眼に見えない身体の中を気にするかどっち?」と聞かれ「眼に見えない部分」と即答する母ちゃん。

こればかりは仕方がない。

今はとにかく肝臓の数値を少しでも下げる方が先決である。

ちゅうことで、とりあえず後一週間、このまま様子見することになった。

カイカイはあるけどおいらもなるべく辛抱しよう(`・ω・´)




           元太、口元鬱陶しいかもやけど、辛抱してね。

           元太お店2017-704




                今日もご訪問くださりありがとうございました(*^_^*)



                ネットショップはコチラから♪
                s-ショップ2

            

      お時間のある方はこちらのブログも覗いてみてくださいね♪

                ぶろぐ



2017.08.04 / Top↑
金曜日、元太の月に一度の薬浴のついでに、半年に一度の健康診断を。

         健康診断2017-7 (3)

先ずは、口元にあった鼻クソみたいな黒い小さなできものを取ってもらった。

         健康診断2017-7 (1)

以前も一度取ってもらったんだけど、根っこが残っていたのかまた大きくなっていたので、今度こそ根こそぎ取ってもらうことに。

元太には何度も痛い思いをさせてしまって申し訳ない(´;ω;`)

思ったより根っこが深かったため数針縫ったので、来週抜糸に行かなくてはならない。

          健康診断2017-7 (2)

そして、健康診断の結果は、肝臓の数値が振り切れて測れないほど高い数値だった。

          健康診断2017-7 (4)

珍しくすー先生の顔が曇る。

とりあえず、毎日飲んでるアレルギーのカイカイを抑えるためのステロイドの量を減らし、新たに肝臓をサポートする薬を追加して様子を見ることになった。

今までで一番悪い結果に涙が滲む。

肝臓以外は別段悪い所がなかったことだけが救いである。

が、全体評価は「D」

2週間後に再度血液検査をすることになった。

ステロイドを減らしたことで数値が良くなってることを願う。

どれだけ忙しくても一日に一度は元太を抱きしめ、ほんの数分でもスキンシップをとるようにしているので、外見から分かるものは早期に発見してきたけれど身体の中の事はどうしても分からない。

年齢の事もあるのでこれからはもっと頻繁に診てもらったほうがいいかもしれないな。

そして、毎度のことではあるが、相変わらず元太のレントゲン画像に萌える((ミ ̄エ ̄ミ))

          健康診断2017-7 (5)


           元太、お疲れ様でした。
           よく頑張ったね。

           健康診断2017-7 (6)




                今日もご訪問くださりありがとうございました(*^_^*)



                ネットショップはコチラから♪
                s-ショップ2

            

      お時間のある方はこちらのブログも覗いてみてくださいね♪

                ぶろぐ



2017.07.30 / Top↑
いつも錠剤のお薬を飲ます時は、元太の好きな竹輪を小さく切り、穴の中にお薬を忍ばせて飲ませていた。

竹輪を口に入れるとゴックンと丸飲みするのでお薬も必然的にゴックンすることになる。

が、ここ最近になって、なぜか竹輪を味わうかのように噛みしめるようになり、そうするとお薬の苦みを感じるのか、竹輪と一緒にペッペッ!と出すようになった。

そうなるとお薬を飲ますのが至難の業である。

元太もそうそうバカじゃないので、一度覚えてしまったものには激しく警戒する。

結果、今までのように竹輪ではお薬を飲まなくなってしまった。

・・・・・・弱った。

今までは錠剤も粉にしてもらっていたけど、お薬の分量が変わってからそれも難しくなってしまったので、何とか錠剤を飲んでもらうしかない。

聞くところによるとお薬を飲ませる用のゼリー状になったものがあるそうで、それだと上手に飲んでくれるらしい。

一度試してみるか。

しかし、なぜ噛みしめるようになったんだろうか・・・。

もしかしたら歯が弱ってきて固形物が食べにくくなってきたのかもしれないなと思ったり。

カリカリご飯もそろそろふやかして食べさせた方がいいのだろうか。

以前、すー先生に聞いてみたら、元々ワンコはほとんど噛むことをしないので噛めなくなったとしても問題はないと言っていた。

それでも、噛めなくてポロポロとフードを口からこぼす姿を見るとどうしたものかと思う。

それより何より、これからお薬をどうすれば上手に飲ませることができるのかと言う事だ。

嗚呼、ほんとに弱った。


          元太よ、お薬飲まないとカイカイも良くならないんだよ。

          元太散歩2017-314


          この二つを食べ合わせるとショートケーキ味になるそうな。
          試してみたけど、一度もショートケーキが見えてこなかった(笑)

          お菓子




                今日もご訪問くださりありがとうございました(*^_^*)



                ネットショップはコチラから♪
                s-ショップ2

            

      お時間のある方はこちらのブログも覗いてみてくださいね♪

                ぶろぐ
2017.03.14 / Top↑
後5か月もすれば13歳になる元太。

数日前から立ち上がる時によろけるようになった。

どうやら前足に力が入らなくなってきた様子。

そんな急な変化に戸惑い、ショックを受ける。

それでも何とか言い聞かせる。

「仕方ない。元太も歳だから」

で、今朝の出勤途中、なんでもない所で蹴躓き前のめりに転びそうになる元太。

今までにない大きなショックを受ける。

どうしよう、どうしよう、どうしよう(〒_〒)

一人うろたえるワタシをよそに、元太は何事もなかったかのように再び歩きだす。

元太自身はこの地味に変わっていく身体の変化に気づいてるんだろうか。

そんな事を思うと余計に切なくなる。

だけど、お散歩だって元気に行けるからきっとまだまだ大丈夫だよね。



         今まで上れてた段差も躊躇するようになった元太。
         でも、まだちゃんと上れてるよ。

         




                今日もご訪問くださりありがとうございました(*^_^*)



                ネットショップはコチラから♪
                s-ショップ2

            

      お時間のある方はこちらのブログも覗いてみてくださいね♪

                ぶろぐ
2017.03.03 / Top↑