柴犬の元太から見た日常を楽しくお伝えします♪

いや~~~、朝起きたらメダルラッシュどしたで~~~!!!(≧∇≦)

柔道の松本選手、金メダルおめでとう~~~!!我が石川県のスターどす~~!

そして、中矢選手、銀メダルおめでとう~~~!!寝技かけられたいどす~~!(変態)

体操男子団体、銀メダルおめでとう~~~!!ここにもドラマがありましたな!

競泳の寺川選手、入江選手、鈴木選手、銅メダルおめでとう~~~!!寺川選手、日本新おめでとうさんどす~!

母ちゃん、はよから寝不足で、今朝寝坊しましたで (*´∀`*)身体もつんかな?

と、そんな大興奮なオリンペックですが、柔道において、ジュリーと言う名をちょくちょく耳にすることがある。

ジュリーとは何ぞや?と、そこの奥さん、沢田研二と違いますで(* ̄m ̄)プッ

もう皆さんもご存知かと思いますが、このジュリーが先日の男子柔道66kg級の準々決勝で前代未聞の判定を下すこととなった。

一連の動きはこうだ。

海老沼選手と対戦相手の韓国選手との試合は決着がつかないまま延長戦へと入り、技をかけた海老沼選手の小内狩りが一度は有効となったものの取り消され、両者ポイントがつかないまま審判団の旗判定となった。

旗判定では3人の審判団全員が青色の旗を揚げ韓国選手が勝利した。

と思ったら、観客席から大ブーイングが起こり、それに反応した畳の下のジュリーと呼ばれる審判委員が、審判団に抗議をし再度旗判定を行うこととなり、結果、青旗を揚げていた審判団3人全員が今度は白旗を揚げ、海老沼選手の勝利が確定した。

・・・・・・なんでやねん。優柔不断か ( ̄∀ ̄;)

このジュリーと名乗る審判委員は、誤審を防ぐために新たに取り入れらたビデオ判定する審判員の事を言い、本来の役目は最終決定権を持つ畳の上の審判団に意見をするものであるそうな。

しかし今回は、初戦から審判団があまりにもこのジュリーの意見に振り回され過ぎているような気がしてならない。

おまけにビデオ判定の他にも、新たなルールとして観客からの反応も判定のポイントになるというルールがあるそうで、観客のブーイングを聞いたジュリーが「こらあかんわ!観客が怒っとるがな。何とかせんとえらいことになるんちゃうん!」と審判団に言ったかどうかわからないけど(確実に言ってないけど)今回は観客のブーイングが大きな判定の基準になったようにも思える。

だったら観客が審判団になればいいのに (o・ω・o)とも思うんだけど。

どちらにしても、初めに勝者となった韓国選手も、判定が覆り勝者となった海老沼選手も納得のいかない顔をしていたのは確かである(当たり前だのクラッカーだ)

母ちゃんもテレビを観ながら「あああああ、なんや後味悪い試合やなあ( ̄Д ̄;;」とブリブリと屁をこいていた。

まあ、最終的には韓国選手も海老沼選手も同じ銅メダルを獲得したわけだけど、この銅メダルも柔道に限ってなぜ二人もいるのか?と不思議に思う。

何ともややこしいオリンペックなルールである。

とにもかくにも、どの種目の選手達も正々堂々と戦っているのだから、その気持ちに応えるためにもメダルを左右する審判団の眼はしっかりと選手達を見つめていてほしいと願う。




        今日のことば
        今日のことば2012-730



        勝敗を決める眼はしっかりと鍛えてくださいや。

        元太2012-730




        ブログランキングに参加しています。
        皆さんの一押しがとっても励みになっています♪
        いつもたくさんの応援ありがとうございます♪

        迷いのない眼にポチをして頂くと
              にほんブログ村 その他日記ブログ ひとりごとへ

        自信を持って正しい判断をすることができます。頼むでほんま。
              br_decobanner_20100726145436.gif

          今日もご訪問くださりありがとうございました(*^_^*)




       
                ネットショップはコチラから♪
                
画像


                
            お時間のある方はこちらのブログも覗いてみてくださいね♪            
                    s-IMG_0070.jpg

2012.07.31 / Top↑