柴犬の元太から見た日常を楽しくお伝えします♪

母ちゃんはとっても目が悪く、ずっと眼鏡をかけている。

一番初めに眼鏡を作ったのが中学生の頃だから、眼鏡歴もざっと30年を超えている。

ただ一度、20年ほど前に一度だけコンタクトレンズにしようと試みたことがあった。

しかし、母ちゃんの眼はとっても乱視が強いらしく、ハードなコンタクトでないと無理だと言われ、当時6~7万ほどしただろうか・・・人生で初めてハードなコンタクトを購入したのだった。

が、よくよく考えてみたら目薬をさすことができない母ちゃんにハードなコンタクトを目に入れるなどできるはずもなく、2,3回装着したもののすぐにあきらめてしまったと言う苦い思い出がある。

と、そんな母ちゃん、今回Wワークをするにあたり、ホールでのお仕事の際、眼鏡だとどうしても邪魔になるので思い切ってコンタクトを購入しようと思い、眼科へと向かったのだった。

検査の結果、20年前と同じように「極度の乱視」だと言われ、先生も「ソフトやとちゃんと見えんかもしれんなあ・・・。て言うか、ハードでも難しいかも」との診断だった。

それでも何とか母ちゃんの眼に合うタイプのソフトコンタクト(ポ〇ロムの2ウィーク用)がたった一つだけあったらしく、おそるおそる装着してみる。

「ひ~~~~~~~~~!あかん!瞬きがハンパない!!ひ~~~~!!ゆ、指が震える~~~!!」

・・・・・片方の眼に入れるだけでも大騒ぎである( ̄ェ ̄;)

何度もトライし、やっと両方の眼にソフトなコンタクトを装着した母ちゃん。

と、その視界の広さに驚く。

眼鏡の時とは見え方が違う気がするのは気のせいではないだろう。

お陰様で心配されたコンタクトでの視力も何とか両目で1.0ほど(調子がいいと1.2は見える)は見えていたので車の運転も大丈夫そうである。

ただ、うっすら老眼がかかってきている母ちゃんは看護師さんに「あの~~、遠近両用のコンタクトってあるんですか?」と聞くと「ありますけど、これだけ乱視が強いとありません」と言われ、さらに今流行りの瞳が大きく見えると言うカラコンはどうかと聞くと「・・・・ありません( ̄_ ̄)キッパリ」と言われ、改めて自分の眼がやっかいな眼であることを実感したのだった。

眼が大きい母ちゃんだけど、無駄に大きい気がするのはおいらだけだろうか( ̄ェ ̄;)

それでも今は何とかソフトなコンタクトにも慣れ、毎日装着している母ちゃん。

時々、アクビをしたり涙を流したりしては視界がぼやけてしまうことがあるけれど、それ以外は極めて良好である。

「もっと早くにコンタクトにしておけば良かった(;∀;)地蔵♪のバカバカ!!」と今更ながら思う母ちゃんであった。

とっても良く見えるようになった分、きっと今まで以上に良い事も悪い事も嫌な事も見えてしまうかもしれないけど、その時は母ちゃんのもう一つの眼、心の眼で見るといいよ。

物を見る時の眼と、物事を見る時の眼は違うものだからね。




       今日のことば
       今日のことば2013-503



       元太の瞳には今がどんな風に見えているんだろ?

       元太お店2013-503




       ブログランキングに参加しています。
       皆さんの一押しがとっても励みになっています。
       いつもたくさんの応援ありがとうございます♪

       やっと慣れたコンタクトレンズにポチをして頂くと
              にほんブログ村 その他日記ブログ ひとりごとへ

       もっといろんなものが良く見えるようになります。それはそれでどうかと(^_^;)
              br_decobanner_20100726145436.gif

          今日もご訪問くださりありがとうございました(*^_^*)




                ネットショップはコチラから♪
                s-バナー


     お時間のある方はこちらのブログも覗いてみてくださいね♪

                s-アメブロ
2013.05.04 / Top↑
Secret