柴犬の元太から見た日常を楽しくお伝えします♪

いつもお休みの日の夜は「マツコ有吉の怒り新党」を観て、その後、のそのそと寝るようにしている母ちゃん。

時間にして深夜0時を少し回った頃だろうか・・・お休みの日だけはいつもより早く寝られるのでホッとする。

だけど、この間のお休みの日は、それからなんだかんだと用事をしていると、時計の針は午前1時を指そうとしていた。

いかんいかん!と慌てて歯を磨きに行こうとした時、父ちゃんの携帯が鳴った。

・・・・・こんな時間に誰?( ̄ェ ̄;)

と、恐る恐る電話に出るとばあちゃんからだった。

電話の内容は、具合が悪くなったので救急車を呼ぼうと思ったけど、今、自分で運転して病院へ向かっているから後から二人で来てくれ・・・とのこと。

・・・・ばあちゃん、具合が悪い時は迷わず救急車を呼んでもらってもいいんだよ( ̄ェ ̄;)と、毎回思うんだけど、ばあちゃんはいつも自分で運転して行こうとするのだ。

そんな事をして運転している最中に事故でも起こしたら大変である。

それでもいつも言う事を聞かず、よほどのことがない限り、自分で運転して行こうとするばあちゃん。

母ちゃんもよく深夜に具合が悪くなることがあるけど、その時でさえ近くのお医者さんへ一人で行けない状態になるのに・・・ばあちゃん、恐るべしである。

で、父ちゃんと母ちゃんも慌てて準備をし、ばあちゃんのいる病院へと車を走らせた。

病院へ着くと、ばあちゃんは不整脈を起こし、両手が痺れて息が苦しいと言っていた。

あいにく当直の先生は整形外科の先生だったので詳しい事はわからないけど、心臓からくる過呼吸の症状が出たらしい。

ばあちゃんは処方された安定剤を飲み、しばらくすると少し元気が戻ったようだったのでひとまずホッとする。

帰りは、父ちゃんがばあちゃんが乗ってきた車にばあちゃんを乗せて運転し、母ちゃんは自分たちが乗ってきた車を運転して帰路に着いた。

とにかく大事に至らなくて良かったけれど、深夜の救急ほど心臓がバクバクすることはない。

以前も父ちゃんが呼吸困難になり、何度か救急へ走ったことがあったっけ。

この日も、ばあちゃんを待ってると、パジャマ姿のご婦人がご主人らしき人に付き添われてやって来られた。

ご主人がご婦人に何か話しかけられると意外にもしっかりした口調で答えられていたけれど、パジャマ姿のままだったので、どれほど慌てられていたことかと察しがつく。

昼間ではなくて、深夜と言うだけでとても不安になるものだ。

これからも、もしかしたらこうした事がちょくちょくあるかもしれないので、父ちゃんも母ちゃんもいざという時慌てないように常に頭に置いておいたほうがいいだろう。

そしてその日は結局、ばあちゃんを家まで送り届け、父ちゃんと母ちゃんが眠りについたのが午前3時になろうとした頃だっただろうか。

母ちゃんはほんの2、3時間寝てからおいらの散歩に行かなくてはならなくて、夜はWワークがあるので、今度は母ちゃんの身体が心配になる。

くれぐれも救急で走ることがないよう気を付けてくれよな。




       今日のことば
       今日のことば2013ー7182



       ばあちゃん、大事に至らなくて良かったね。

       元太お店2013-718 (4)



       
       ブログランキングに参加しています。
       皆さんの一押しがとっても励みになっています。
       いつもたくさんの応援ありがとうございます♪

       突然の深夜の救急にポチをして頂くと
             にほんブログ村 その他日記ブログ ひとりごとへ

       とにかくみんな無事でいることができます。
             br_decobanner_20100726145436.gif

         今日もご訪問くださりありがとうございました(*^_^*)




                ネットショップはコチラから♪
                s-バナー


     お時間のある方はこちらのブログも覗いてみてくださいね♪

                s-アメブロ
2013.07.19 / Top↑
Secret