柴犬の元太から見た日常を楽しくお伝えします♪

Wワークでホールのお仕事にもだいぶん慣れてきた母ちゃんだけど、まだまだ失敗することだらけである。

そして、そんな新人スタッフを教育する教育係りが社員さんであるSさんとIさんだ。

Sさんは一番初めに母ちゃんにホールのお仕事を教えてくれた人である。

Sさんの指導方法は、わざと母ちゃんに失敗をさせてから正しい答えを教えてくれる。

この間も初めてお客様をご案内する時「テーブル席に2名様ご案内いたします~!」と言った後、Sさんに「神田さん、2名様でなくてお二人様って言うのよ。」と注意をされた。

母ちゃんが「あ、すみません(*;∀;*)」と言うとSさんは「初めは失敗して覚えてもらったほうがいいから、どんどん失敗してもらっていいからね」と優しく指導してくれる。

これだと失敗した時はものすごく恥ずかしいけど、確実に覚えていけるので母ちゃん的には合ってるかもしれない。

そして、もう一人・・・ホールの重鎮であるIさん。

このIさんは、失敗するたびに呼び出して笑いながら注意をするのだ。

この間も数名のお客様が来店された時、本来ならレジで受け付けを済ませてからご案内するんだけど、お客様が勝手に店内へと入ってくる。

レジを見ると、Iさんは電話中である。

母ちゃんがどうしたものかと固まっていると、その様子を見ていた副店長さんが機転を利かして対処してくれた。

そして電話を終えたIさんが母ちゃんを呼び出すと「ああいう時、ただ黙ってるのではなくてお客様に声をかけるようにしてくださいね( ̄∀ ̄)ニッコリ」と、いつものように笑顔で注意される。

母ちゃんは「すみません!何て声をおかけしたらいいのかわからなくて・・・(^_^;)」と答えるとIさんは「普段スタッフがお客様に接する動きをしっかり見ていない証拠です( ̄∀ ̄)ニッコリ」とまたまた笑顔で注意される。

・・・・・・す、すみません(*;∀;*)ズキン・・・。

このように、Iさんは笑顔で注意されるけれどその笑顔の裏にある厳しい一言が刃のように母ちゃんの心に突き刺さるのだ。

そのたびに、身が引き締まる思いがする母ちゃん。

どちらの指導方法もそれぞれに意味があり、それぞれに心に響いてくる。

こうして鈍くさい母ちゃんは、日々一人前のホールスタッフになるため学んでいるのだ。

と言っても、後ひと月なんだけど・・・(´・ω・`)

だけどこのひと月の間に「よく頑張ったね!」と言われるようにしっかりとホールの極意を学んでいきたいと思っている。

きっとここで学んだことは、これからの母ちゃんのお仕事にも生かされていくに違いない。(多分)

ちゅうことで、本来は火曜日と水曜日がWワークのお休みの日なんだけど、お盆と言うことで、今週は月曜日と火曜日がお休みで明日の水曜日から日曜日まで怒涛の5日間が待っている。

この5日間さえ乗り越えれば、しばらく京都に帰省する予定なのでそれまでの辛抱である。

母ちゃん、SさんとIさんの教えをしっかりと頭に叩き込み、怒涛の5日間頑張ってくださいや(`・ω・´)




       今日のことば
       今日のことば2013-812



       おいらもエロんな事母ちゃんから学んでますでな。

       元太お店2013-805 (6)




       ブログランキングに参加しています。
       皆さんの一押しがとっても励みになっています。
       いつもたくさんの応援ありがとうございます♪

       厳しくも優しい教育的指導にポチをして頂くと
             にほんブログ村 その他日記ブログ ひとりごとへ

       知らない間にしっかりと身につくことができます。
             br_decobanner_20100726145436.gif

         今日もご訪問くださりありがとうございました(*^_^*)




                ネットショップはコチラから♪
                s-バナー


     お時間のある方はこちらのブログも覗いてみてくださいね♪

                s-アメブロ
2013.08.13 / Top↑
Secret