柴犬の元太から見た日常を楽しくお伝えします♪

最近、Wワーク先に何人か新しい人が入ってきた。

先月、ホールの人と職人さんがそれぞれ一人ずつ辞められて、今月には母ちゃんが辞め、近々もう一人職人さんが辞められることが決まっていて、スタッフが一気に減るので只今スタッフ絶賛募集中なのだ。

そんな中、新たな職人さんとして21歳のヤングなメンズ君(以下I君)が入ってきた。

このI君、身長が150㎝ほどで、とても華奢な体つきをしており何とも可愛いボクちゃんである。

それでも、店のスタッフの誰よりも元気が良く、屈託のない笑顔がたまらなく可愛い。

まさにムードメーカー的な存在とも言えるだろう。

なんでも器用にこなすI君は、ホールのお仕事も手伝ってくれるので本当に助かる。

と、そんなI君が母ちゃんに話しかけてきた。

「神田さんて、関西の人ですか?」と、ベタベタの関西弁を話す母ちゃんに初めは誰もが聞いてくる質問に母ちゃんも毎度のように「うん。京都やで」と応える。

「うわ~~、京都いいですねえ(//▽//)」と、他愛ない会話をした後、「・・・で、神田さんて歳いくつなんですか?(//▽//)」と屈託のない笑顔で聞いてくる。

母ちゃんは「・・・またか( ̄ェ ̄;)」と思いつつ「いくつに見える?多分、自分が思ってるより歳いってるで」と逆に聞いてみる。

するとI君「え~~~~、言うても30・・・5とか6ですよね?」と何の疑いもなく応える。

母ちゃんは「・・・いや、そう言うてもらって嬉しいけど多分I君のお母さんと同じ歳位やで」と応えると、I君は一瞬戸惑いながらも「え~~~~、まさか47歳ですか???」となぜかドンピシャで当ててきた。

母ちゃんが「うん。47歳・・・なんでそんなピッタリ当てるん?( ̄ェ ̄;)」と言うと、I君はかなり驚いたのか「え~~~~~~!マジっすか!!ほんまに俺のオカンとおんなじ歳や~~!!え~~~~!(〒∀〒)」と本気で驚く。

そしてI君は自分のオカンと母ちゃんを頭の中で見比べたのだろう「オカン、鴨川に流さんなんわ!(〒∀〒)」と訳の分からない事を言う。

母ちゃんはおいらが言うのもなんだけど、初対面の人には必ず10歳ほど若く見られるようで、それが30代の頃までは嬉しい事でもあったんだけど、最近は逆に実年齢と見た目年齢のギャップがありすぎるのか、自分の年齢を言うのが少し恥ずかしいようだ。

なぜなら実際の年齢を言った途端、このI君のように誰もが同じようなリアクションをするのがわかるから。

これほどまでに驚かれると、母ちゃんも恥ずかしいやら嬉しいやら困るやら、エロいやら・・・複雑な気持ちになるのだ。

と、そんな事があったと今年41歳になるホールのスタッフのYさん(女性)に話すとYさんは「・・・え!神田さん、そんな歳いってたんですか??(*;∀;*)」と驚かれ、母ちゃんはまた「・・・・ええ、まあ( ̄∀ ̄;)」と複雑な思いをするのであった。

本来なら若く見られることは女性にとっては嬉しいことでもあるのだけど、それ以上に実際の年齢を知った時の人のリアクションを見るのが何ともこっぱずかしく思える47歳の母ちゃんなのだ。




       今日のことば
       今日のことば2013-90



       おいらは見た目とのギャップはどうなんやろ?
       ちょいちょい白いもんが目立ってきましたけども。

       元太お店2013-901 (2)


       ま、おいらはどっちでもええんどすけど。

       元太お店2013-901 (1)




        ブログランキングに参加しています。
        皆さんの一押しがとっても励みになっています。
        いつもたくさんの応援ありがとうございます♪

        見た目とのギャップにポチをして頂くと
              にほんブログ村 その他日記ブログ ひとりごとへ

        段々とギャップもなくなってくるかも。それも嫌かも(笑)
              br_decobanner_20100726145436.gif

        今日もご訪問くださりありがとうございました(*^_^*)




                ネットショップはコチラから♪
                s-バナー


     お時間のある方はこちらのブログも覗いてみてくださいね♪

                s-アメブロ
2013.09.05 / Top↑
Secret