柴犬の元太から見た日常を楽しくお伝えします♪

母ちゃんが愛読している「WAN」と言う最新号に柴犬のかかりやすい病気について書かれてあった。

特にかかりやすいのが「外耳炎」「胃腸炎」「アレルギー」らしく、柴犬の三大疾病になるようだ。

で、気づいたこと。

おいらはこの三大疾病にすべてかかっていると言う事である。

見事な三大疾病フルコースである。

外耳炎は定期的にかかるようで、そのたびに耳が痒くなり、酷い時には耳の中が膿んでることがある。

まあ、これは耳にお薬を何回か入れればすぐに治るのでさほど気にすることはないようだ。

そして、皆さんにもご心配をおかけした胃腸炎だけど、これも新しいフードのお陰で今のところ調子が良い。

後はもう何年もかかっているアレルギー。

これは完治することがないのでこれからもずっと付き合っていかなければならない病気である。

父ちゃんも母ちゃんもこれ以上酷くならないようにと常に気を付けてくれている。

ただおいらの場合、毎日お薬を飲んでれば何とか一定の状態を保つことができるので、深刻に悩むほどではないようだ。

すー先生も「この薬の量でこれだけ皮膚が綺麗に保てるのは珍しい」と言っていた。

それでも今は尻の毛が生えてこないし、色素もところどころ沈着して黒ずんでるし、背中にはカサブタが剥がれた後のハゲがある。

おいらの体質上、なかなか毛が生えてこないそうなので、このハゲともしばらくお付き合いしなければならない。

だけど、こうしてフルコースにかかっていても、この程度で済んでいるおいらはまだ良い方である。

同じ病気でも、もっともっと酷い状態のワンコが苦しんでいることを思うと胸が痛む。

一般的に柴ワンコは丈夫で元気いっぱい外を駆け回り、比較的健康なイメージがあるようだけど、実はとても繊細なワンコらしい。

小さい頃から父ちゃんと母ちゃんに大事に大事に育てられてきたおいらも、ご多分に漏れずガラスの心を持った繊細なワンコである。

できればもう少し抵抗力のある元気な身体でありたいけれど、お薬を飲んでる以上難しい。

9歳と言えどもまだまだ先は長い・・・今の状態をより良く保てるよう、おいらも規則正しい生活を送るように心がけよう。

先日の血液検査以来、最近は間食もしないので体調的にはとても良い。

後は歳をとってから特にかかりやすくなる「前立腺」の病気がある。

おいらにはまだキャンタマが付いてるので、特に注意が必要らしいのだ。

人も動物も、できればずっと健康で長生きできれば一番いい。

自分の身体は自分で守る。

おいらには無理だけど、父ちゃんと母ちゃんがついてるのでおいらも言う事をしっかり聞いて、長生きしたいと思う。

皆さんもどうか、健康で元気でいてくださいや。




        今日のことば
        今日のことば2013-1217



        気を付けていてもすぐできるカサブタ。

        s-IMG_3980.jpg


        カサブタが取れた後のハゲ。以前はもう少し黒かった。

        s-IMG_3984.jpg


        健康でいられるように規則正しい生活送りましょな。

        元太お店2013-12172




        ブログランキングに参加しています。
        皆さんの一押しがとっても励みになっています。
        いつもたくさんの応援ありがとうございます♪

        自分の健康にポチをして頂くと
              にほんブログ村 その他日記ブログ ひとりごとへ

        みんな元気でいることができます。
              br_decobanner_20100726145436.gif

        今日もご訪問くださりありがとうございました(*^_^*)




                ネットショップはコチラから♪
                s-バナー

       


     お時間のある方はこちらのブログも覗いてみてくださいね♪

                s-アメブロ
2013.12.19 / Top↑
Secret