柴犬の元太から見た日常を楽しくお伝えします♪

はいはいはいはい、今日も昨日の続きちゅうことで、嵐山散策どす。

今回、おいらと母ちゃんは久しぶりに渡月橋を渡り、向こう岸にある中之島公園へと向かった。

ここには、母ちゃんが20歳の頃アルバイトをしていた「五木茶屋」と言うお店があった場所でもある。

知る人ぞ知る、あの大物演歌歌手、五木ひろしさんのお店である。

さすがに今はもうないだろうと思いながら当時を懐かしみ歩いていると・・・

あった(*;∀;*)

       帰省2014-112 (14)

まだあったんかい!と思わずツッコミを入れる母ちゃん。

今はどうやら茶屋だけが営業してる様子だったけど、当時はグッズなども販売していて、母ちゃんはお団子やグッズなどの物販担当だった。

あの時はちょうどタレントショップが大流行りで、名物となっていた五木団子がアフォほど売れていたっけ。

・・・・・懐かしいなあ・・・・。

と思い出に浸りながら五木茶屋の隣にある高級料亭「錦」の前で記念撮影。

       帰省2014-112 (15)

ここにいた白い猫りんがやけに太っていて、時々、団子を売ってる母ちゃんの目の前を鳩を咥えながら走っていたのを覚えている。

あの猫りんはさすがにいないだろう・・・いたらきょわい。

そして、ひっそりと地味に佇む鵜飼をする舟。

       帰省2014-112 (23)

       帰省2014-112 (24)

母ちゃんは一度だけ、高校生の頃、ばあちゃんと鵜飼を見に行ったことがある。

夏の暑い夜だった。

今でも覚えてるのは母ちゃんの眼が悪くて、鵜飼をするところをぼんやりとしか見えなかったことだろうか。

       帰省2014-112 (26)

       帰省2014-112 (27)

       帰省2014-112 (28)

と、そんな思い出のある嵐山だけど、昨年は大変な災害に見舞われた。

今はこうして何事もなかったかのように、いつもと変わらずお土産屋さんがあったり、人力車が走ってたりしてるけど、当時は地元の方達がどれだけ大変な思いをされたことか・・・。

観光地を復興させるため、たくさんのボランティアの人たちが毎日のように駆けつけ、地道にコツコツと流れ出た土砂や泥などを片付けていく。

母ちゃんの甥っ子も何度も何度もボランティアのお手伝いをしに行ったと言っていた。

そんな人達の力もあり、思った以上に早い復興を遂げた嵐山の景観は見事に守り抜かれていた。

       帰省2014-112 (16)

それでも、やはり爪痕が確かに残っていることも否めない。

       帰省2014-112 (21)

母ちゃんにとって嵐山はたくさんの思い出の詰まった場所である。

この先もずっと、美しい四季を感じられる名所であってほしいとただそれだけを願うのだ。




        今日のことば
        今日のことば2014-117



        いつまでもこのままでいてほしい大切な場所どす。

        帰省2014-112 (20)




        ブログランキングに参加しています。
        皆さんの一押しがとっても励みになっています。
        いつもたくさんの応援ありがとうございます♪

        それぞれの大切な場所にポチをして頂くと
              にほんブログ村 その他日記ブログ ひとりごとへ

        いつまでも変わることなくそこにあります。
              br_decobanner_20100726145436.gif

        今日もご訪問くださりありがとうございました(*^_^*)




                ネットショップはコチラから♪
                s-バナー

       


     お時間のある方はこちらのブログも覗いてみてくださいね♪

                s-アメブロ
2014.01.18 / Top↑
Secret