柴犬の元太から見た日常を楽しくお伝えします♪

動物を扱った番組「志村動物園」での捨て犬わかばとつぼみのコーナーを観ていると母ちゃんはいつも違和感を覚える。

山に捨てられていた2匹のワンコをタレントのベッキーが引き取り、心を開かせようとするコーナーなんだけど、あまりにも無理があるように思えてならないのだ。

わかばとつぼみと名付けられたワンコは、極度の人間不信で怯え方が尋常ではない。

そのせいかベッキーもわかばとつぼみに対して恐る恐る近づいているように見え、そんなベッキーの気持ちが伝わるのかわかばもつぼみも何ヶ月も経つのになかなかベッキーに触れさせようとしてくれない。

最近になってやっと、首輪を付けさせてくれるようになったけれど相変わらず怯えている。

そんなわかばとつぼみに散歩の楽しさを教えようと外に連れ出し、無理矢理リードを引っ張り歩かせようとする光景を目にした母ちゃんは思わず「もう、やめたれや~。むっちゃ嫌がってるやんけ」と呟いていた。

いくらドッグトレーナーさんやスタッフの人が世話をしているとは言え、企画的に無理があるのではないだろうか。

ベッキーももう少し明るく優しく、わかばとつぼみに話しかけてあげたらどうだろう。

嫌々ながらも言うことを聞いてくれた時ぐらい、これでもか!と言うくらいたくさんたくさん褒めてあげてほしい。

おいらは基本、褒められてなんぼなので、父ちゃんや母ちゃんに褒められると嬉しくてならない。

そんな「嬉しい」気持ちをこのわかばとつぼみにも知ってもらいたいなあと思うのだ。

この番組には賛否両論あるようだけど、動物と触れ合い、命について考えると言う主旨はわかる。

けれど、もう少し動物との触れ合い方を見直してみてはどうだろう。

この先、わかばとつぼみが人と触れ合う喜びを感じてくれるようになるまで、どれだけかかるかわからない。

人も動物も一度心を閉ざしてしまったら、その心の扉を開けるにはかなりの時間を要するものだ。

それまでに番組が終わってしまったらこの子達はどうなるのか。

引き取ると言ったベッキー自身、本当に最後まで面倒を見る覚悟があるのだろうか。

それとも、最終的に番組で里親を募集するのだろうか。

考え方によっては、わかばもつぼみもご縁があってこの番組に出ることになり、新しい生活を送ることになったのはある意味今まで過ごしてきた日々の事を考えれば幸せなことなのかもしれない。

だからこそ、今はただ、人と触れることの楽しさ、人と暮らすことの喜びを知り、幸せになってほしいと願うばかりである。

おいらからもお願いどす。どうか、中途半端なことだけはせんといてくださいや(`・ω・´)

この番組をご覧になってる方にはそれぞれご意見があるかと思いますが、どうぞ地蔵♪の独り言だと思って、堪えてつかーさいませ。




       今日のことば
       元太お店2014-202 (3)



       わかばはん、つぼみはん、酷いことをする人間もいるけど

       元太お店2014-202 (1)


       幸せを与えてくれる人間もいる事を知ってくださいや。

       元太お店2014-202 (2)




        ブログランキングに参加しています。
        皆さんの一押しがとっても励みになっています。
        いつもたくさんの応援ありがとうございます♪

        慣れない環境で頑張ってるわかばたんとつぼみたんにポチをして頂くと
              にほんブログ村 その他日記ブログ ひとりごとへ

        いつかきっと優しい家族に巡り合うことができます。
              br_decobanner_20100726145436.gif

        今日もご訪問くださりありがとうございました(*^_^*)




                ネットショップはコチラから♪
                s-バナー

       


     お時間のある方はこちらのブログも覗いてみてくださいね♪

                s-アメブロ
2014.02.03 / Top↑
Secret