柴犬の元太から見た日常を楽しくお伝えします♪

昨日、京都のばあちゃんが無事に退院した。

午前中に兄ちゃんが車で迎えに行き、そのまま兄ちゃんのお家でお昼ご飯を食べ、お嫁さんが夜ご飯にと作ってくれたものを持って、ばあちゃんのお家に帰ったそうな。

夜になって、ばあちゃんに電話をした。

「お帰り!具合どうや?」

ばあちゃんは掃除やら片付けやらしたかったそうだけど、如何せんずっと入院していたのでちょっと動いただけでしんどくなるらしく、昨日は片付けもそこそこに休んでいたらしい。

ばあちゃんはこれからの抗がん剤治療がやはり不安なようで、そのことを考えると気分が滅入るようだった。

母ちゃんはいろんな話をしてばあちゃんを元気づける。

そしてばあちゃんは「放射線も後2週間ほどせんなんねんけど、傷跡も小さくなって、カチカチに硬かったところが柔らかくなってて、先生もかなり状態が良くなってるて言うてはってん」と、自分に言い聞かせるように何度も何度も繰り返し母ちゃんに説明していた。

母ちゃんは同じことを何度も聞きながら、同じように何度も何度も「うんうん」と返事していた。

受話器の向こうではテレビの音が聞こえている。

ばあちゃんはテレビを観ていても心ここにあらずと言った感じで、母ちゃんの話も時々聞いてるのか聞いてないのかわからないような感じだった。

糖尿病で腎臓も悪いので食事の面でも気を配らなければいけないんだけど、ばあちゃんも一人だとついついスーパーのできあいの物を買ってきてしまうと言っていた。

そんなばあちゃんを思うと、しばらくばあちゃんの傍にいていろいろ世話をしてあげたくなる。

それから1時間ぐらい話しただろうか、そろそろ電話を切ろうとするも、二人ともなかなか電話を切ることができない。

・・・・エへへ(●´ω`●)

同じように笑いながらまた少し話をする。

「まあ、後2ヵ月ほどすればうちらも京都に帰れるやろし、もうしばらくの辛抱や」

「そうやなあ・・・その頃、抗がん剤で一番しんどい時かもしれへんでなあ。」

「副作用出えへん人もおるし、大丈夫やって!夏までには元気になってなあかんで」

「そうやなあ・・・元気にならんなんなあ」

「そうやで。しんどいけど今は頑張らんなん時やと思って、ボチボチ頑張ってや」

「せやな。頑張るわな」

それから「気持ちしんどくなったり辛くなった時はいつでもええさかい電話しといでや」とばあちゃんに告げて電話を切った母ちゃん。

まあ、しばらくは毎日のように電話をかけるだろうけど、ばあちゃんもお家にいればお友達も遊びに来てくれるだろうし、電話もあるだろうから気が紛れてちょうどいいかもしれない。

母ちゃんが「とりあえず退院良かったね!」と言った時「元気になって退院したわけではないしなあ」とポツリとつぶやいたばあちゃん。

ばあちゃんの病との闘いはこれからが本番だ。

だけどきっと大丈夫。

みんなみんなついてるからね!頑張れ、ばあちゃん!




          今日のことば
          今日のことば2014-601



          と、そんな母ちゃんも只今絶賛棚卸し中(*・ω・*)
          母ちゃんも頑張ってくださいや。しかしまあ、一年の速いこと(^_^;)

          元太お店2014-530 (1)




        ブログランキングに参加しています。
        皆さんの一押しがとっても励みになっています。
        いつもたくさんの応援ありがとうございます♪

        ばあちゃんのこれからにポチをして頂くと
              にほんブログ村 その他日記ブログ ひとりごとへ

        きっと元気になれます!
              br_decobanner_20100726145436.gif

        今日もご訪問くださりありがとうございました(*^_^*)




                ネットショップはコチラから♪
                s-バナー




      お時間のある方はこちらのブログも覗いてみてくださいね♪

                s-アメブロ

2014.06.01 / Top↑
Secret