柴犬の元太から見た日常を楽しくお伝えします♪

先日、昔からのお客様が久しぶりにご来店された。

このお客様はKさんと言って、いつも辛気臭そうな顔をされていてあまり笑った顔を見たことがなく、母ちゃんもどちらかと言うと苦手なお客様である。

Kさんは暖簾が欲しいと言って、数枚の暖簾を物色されていた。

おいらもいつもならお客様の傍へ行って、「毎度、元太どす♪」とご挨拶をするんだけど、なんとなくこのKさんの傍へは行かない方がいいと野生の勘が働いたのか、じっと畳の上で待機していた。

と、暖簾を見ていたKさんがいきなり大きな声で「キャ~~~~~~~~!!!!!」と悲鳴をあげる。

その声においらも母ちゃんもベックラこく。

・・・・・・・・ど、どうした?( ̄Д ̄;;ドキドキ。

ふとみると、暖簾がかかってるラックと同じ場所にあった洋服が一枚、ハンガーから床にパサッと落ちていた。

Kさんは「・・・もう~~、犬がこっちに降りてきたんかと思って・・・あ~~~、びっくりした~~!わたし、犬が嫌いなんよ~~~」とものすごく嫌な顔をされていた。

・・・・・・申し訳ないが母ちゃんにはそう見えたらしい。

この時の「犬」とはおいらの事だろう( ̄ェ ̄;)なんか久しぶりに「犬」と言われた気がするおいら。

まあ、犬が好きな人もいれば嫌いな人もいるから致し方のない事だけど、洋服が一枚落ちただけで、あないに大きな声を出すほどの事だっただろうか・・・と思ったり。

いや、Kさんにしてみれば「それぐらい」ではすまない出来事だったのかも・・・と思い直したり。

ただ、今までも何人かのお客様で犬が嫌いな人がいたけれど、これほどまであからさまにリアクションされたことがなかったので、おいらも母ちゃんもなんとなく心の中がモヤモヤしていた。

と、そんな事があったある日、久しぶりに父ちゃんがおいらを夕散歩に連れて行ってくれた時のこと。

おいらがモリモリウンコをしていると、通りすがりの人が「うわっ!くっさ~~~~~!」と一言つぶやいて行ったらしく、父ちゃんは「元太のウンコ臭い言うて自分かてくっさいウンコするやんなあ」と文句を言っていた。

その事を聞いた母ちゃんも「ほんま、そんな事言わんでええのになあ」と母ちゃんもおもしろくないようだった。

父ちゃんと母ちゃんにとって、おいらのウンコ一つとっても愛しいらしい。

みんながみんな犬が好きだなんて思ってはいないけど、「私は犬が嫌いなの」とあからさまに態度に出られると、ほんの少し傷つくおいらである。

ちなみに母ちゃんは「犬」とは言わず必ず「ワンコ」と言うようにしている。

これも母ちゃんのこだわりの一つなんだそうな。




          今日のことば
          s-今日のことば2014-609



          おいらは一歩たりとも畳の上から降りてまへんどしたで。
          母ちゃんに「偉かったね」言うて褒めてもらいましてん♪

          元太お店2014-6062




        ブログランキングに参加しています。
        皆さんの一押しがとっても励みになっています。
        いつもたくさんの応援ありがとうございます♪

        犬嫌いな人にポチをして頂くと
              にほんブログ村 その他日記ブログ ひとりごとへ

        いつか少しでもワンコの事、好きになってくれるかな?
              br_decobanner_20100726145436.gif

        今日もご訪問くださりありがとうございました(*^_^*)




                ネットショップはコチラから♪
                s-バナー




      お時間のある方はこちらのブログも覗いてみてくださいね♪

                s-アメブロ

2014.06.10 / Top↑
Secret