柴犬の元太から見た日常を楽しくお伝えします♪

帰省2日目のこと。

ばあちゃんと兄ちゃん家族と一緒に、じいちゃんのお墓参りへ行くため、ばあちゃんが朝早いうちにお墓参り用のお花やらお供え物を買うのに近くのスーパーへ行くことに。

でも、あいにくばあちゃんは足を傷めて自転車に乗ることができない。

そこで母ちゃんが、父ちゃんの車を借りて、ばあちゃんと一緒にお買い物へ行こうかと思ったんだけど、なんせ京都の道だけに狭い道が多く、大きな道路に出たら出たで、交通量も多いので、正直無事に車を運転できるか自信がなかった。

そこで、兄ちゃんに車を出してもらえないかと電話をした。

兄ちゃんは「いいよ~♪」と快く引き受けてくれた。

この時、兄ちゃんは新しく車を買い替えたばかりで、ピカピカの車でやって来た。

お買い物を終え、実家に戻ると同時に兄ちゃんの携帯が鳴る。

どうやら甥っ子からだったようで、兄ちゃんは一旦自分ちに帰ることにした。

そして、お墓参りへ行く準備を整え、改めてピカピカの車で兄ちゃん家族を乗せてやって来た。

が、なぜかお嫁さんの雲行きが怪しい。

どうしたのかと聞いてみると、兄ちゃんが一度家へ帰る時、車をバックさせたところ車の右後ろを電柱にぶつけてしまったらしいのだ。

見ると、少しではあるが確かに右後ろが凹んでいる。

・・・・・・( ̄ェ ̄;) なんでまた電柱に?

甥っ子からの携帯を切ろうとしながらバックしたら気が散って電柱にぶつけてしまったと言っていたが、甥っ子は甥っ子で「お母さんが電話しろ言うたからやんか」と言い、お嫁さんはお嫁さんで「出かける前や言うのに朝早くから車なんか出すさかいや!」と言う。

・・・・・・嗚呼、元をただせば、ワタシが車を出してくれと言ったせいではなかろうか(〒∀〒)

母ちゃんはうっすら責任を感じていた。

お嫁さんは車をぶつけた本人より腹が立っていたのか「ほんまに、新しい車やのにケチがついたわ」と未だ怒りが収まらない様子。

その気持ちが痛いほどわかる母ちゃん。

これが父ちゃんと母ちゃんだったら、間違いなく母ちゃんは、お嫁さんの何倍も、何十倍も父ちゃんに文句をぶちかましていただろう。

誰だって新しい車が傷ついたら面白くないものだ。

ましてや、つい一週間前ほどに納車されたばかりなのだから尚更である。

母ちゃんが兄ちゃんに車を出してくれと言わなければ起こらなかったことだったかもしれない。

そんな思いを乗せて、お墓参りへと向かったご一行様。

途中、車に弱い姪っ子がゲロを吐くと言うハプニングに見舞われながら無事お墓へと到着した。

母ちゃんはじいちゃんに、ばあちゃんの病気が良くなる事と、兄ちゃん家族とばあちゃんを見守っていてねと手を合わせる。

そして、新しい車に傷がついたけど、もしかしたらじいちゃんが大きな事故にならないよう小さな事故にしてくれたのかも・・・と思ったり。

いやいや、いやいや、そんな都合の良い話があるわけない。

やはり、母ちゃんが車を出せと言わなければこんな事にはならなかったに違いない。

兄ちゃん、お嫁さん、ほんとにほんとにごめんなさい(〒∀〒)




        今日のことば
        今日のことば2014-823



        京都の実家近くのバス停にてパチリ♪

        帰省2014-815 (1)


        散歩途中で出逢ったビックリ顔の猫りん(笑)

        帰省2014-815 (2)


        何が言いたいのかわからない駐車場の看板

        s-看板2014-823




        2つのブログランキングに参加しています。
        皆さんの一押しがとっても励みになっています。
        いつもたくさんの応援ありがとうございます♪

        ポチ
        にほんブログ村 その他日記ブログ ひとりごとへ
        
        ポチッ♪とお願いします!
        バナー2014

        
              
        今日もご訪問くださりありがとうございました(*^_^*)




                ネットショップはコチラから♪
                s-バナー

      お時間のある方はこちらのブログも覗いてみてくださいね♪

                s-アメブロ

2014.08.23 / Top↑
Secret