柴犬の元太から見た日常を楽しくお伝えします♪

母ちゃんが石川へ来て20年が過ぎた。

初めは随分な田舎だと思ったものだけど、今はこの田舎暮らしが心地よい。

たまに京都へ帰り、繁華街へ繰り出すと人の多さに酔うことがある。

京都にいた頃は人混みなんて当たり前で毎日の通勤通学も人の波に押されていた。

あれから20年・・・この間、うっかり六助さんと金沢へお出かけした時、10年ぶりぐらいに電車に乗ることになった母ちゃん。

と、券売機の前で固まる母ちゃん。

・・・・・・( ̄∀ ̄;)

あまりにも久しぶりすぎて切符の買い方がわからなかったのだ。

しかも券売機がいつの間にかタッチパネル方式になっているではないか!

とりあえず、六助さんを真似て券売機に果敢に挑む。

そして、出てきた切符が母ちゃんの知っている切符の大きさではなかったことに新たな衝撃を受ける。

ちょっとした浦島太郎状態である。

電車に乗ったら乗ったで、今時の電車はドアの開閉をするボタンがあり、自分でドアの開け閉めをするらしい。

いや~~~、たまには電車に乗ってみるもんだ(;∀;)と、些細な変化に感動する。

こっちに来てからと言うもの、交通手段と言えば車がメインとなり、どこへ行くにも車で移動している。

言うほどバスが通ってるわけでもないのでどうしても車に頼らざるを得ない。

かと言って、車が多くて渋滞をするわけでもない。

鈍くさい母ちゃんでさえ、安心して運転できるほど道路は空いている。

正直、京都では運転するのがきょわい。

ハンパない交通量に車を運転しても車線変更さえできないのが目に見えているからだ。

そういや昔、母ちゃんの友達が原チャリに乗っている時、右折しようにも車が後から後から来るので左折しかできず、なかなか目的地に着くことができなかったと言っていた。

その時は大笑いしていた母ちゃんだったけど、実際車を運転するようになると「きっとワタシも京都では左折どころか運転することさえできないわ」と実感したものだ。

そんな母ちゃんもここ小松では、渋滞を知らない田舎道を車のエンジンをブイブイ言わせて走り回っている。

ちょっとコンビニまで・・・と思っても、車を出さなくてはいけない不便さはあるけれど、そんな田舎暮らしが今の母ちゃんにはちょうどいいようだ。

同じ田舎でも金沢になると、交通量が多いのでやはり車の運転ができるかどうか・・・と、ふと思った母ちゃんである。

また次に電車に乗る頃には、北陸新幹線も開通してどえらい進化を遂げているかもしれないね。




         今日のことば
          今日のことば2014-914



          おいらも田舎暮らし好きどすえ~。

          s-元太散歩2014-914




        2つのブログランキングに参加しています。
        皆さんの一押しがとっても励みになっています。
        いつもたくさんの応援ありがとうございます♪

        のんびり感が心地よい田舎暮らしにポチ
        にほんブログ村 その他日記ブログ ひとりごとへ
     
        ポチッ♪とお願いします!
        バナー2014

        
              
        今日もご訪問くださりありがとうございました(*^_^*)




                ネットショップはコチラから♪
                s-バナー

      お時間のある方はこちらのブログも覗いてみてくださいね♪

                s-アメブロ

2014.09.15 / Top↑
Secret