柴犬の元太から見た日常を楽しくお伝えします♪

この間テレビで、羽田空港での人々の様子を1か月間密着リポートした番組をやっていた。

羽田空港で様々な人々が織りなす出逢いと別れ。

年老いた母が一人、故郷へ帰るのを心配そうに見送る息子さん、ずっと実家で暮らしてきた娘が嫁ぎ先へと向かうため見送る母親、夏休みの間遊びに来ていた両親を名残惜しそうに見送る息子さん、一人夢を追いかけ故郷を離れ都会で頑張る子供を心配そうに見送るご両親、週末、楽しい時間を過ごした遠恋中の恋人たち・・・・。

大好きな人たちを出迎える時は笑顔いっぱいだったはずであろう人々の目は涙でいっぱいだった。

心配させまいと涙を堪える人、こらえきれず溢れる涙を拭う人・・・見送る時はなぜこんなにも切ない気持ちになるんだろう。

以前、母ちゃんも同じような気持ちになったことがあった。

京都の兄ちゃん家族が遊びに来た時、大親友のK家族が遊びに来た時、どちらも迎える時は嬉しくて嬉しくて母ちゃんも笑顔いっぱいだった。

だけど、みんなが帰る時はただただ悲しくて寂しくて油断するとすぐにでも涙がこぼれそうだった。

みんなを見送った後、母ちゃんの目から堪えていた涙が後から後から溢れてきて、気が付くと声を出して泣いていた。

楽しい時間を過ごしたからこそ余計に別れる時が悲しかったのかもしれない。

そしていつも実感する。

見送られる時よりも見送る時の方が数倍切ない気持ちになるのだと。




          今日のことば
          今日のことば2014-105



          どんな時も見送る時は寂しいもんどす。

          元太お店2014-103 (1)




          2つのブログランキングに参加しています。
          皆さんの一押しがとっても励みになっています。
          いつもたくさんの応援ありがとうございます♪

          見送る時の切ない気持ちにポチ
          にほんブログ村 その他日記ブログ ひとりごとへ
  
          ポチッ♪とお願いします!
          バナー2014

        
              
        今日もご訪問くださりありがとうございました(*^_^*)




                ネットショップはコチラから♪
                s-バナー

      お時間のある方はこちらのブログも覗いてみてくださいね♪

                s-アメブロ
2014.10.06 / Top↑
Secret