柴犬の元太から見た日常を楽しくお伝えします♪

昨日、京都の兄ちゃんから電話があった。

兄ちゃんから電話があるたび、ばあちゃんに何かあったのではないかとドキドキする。

内容は、ばあちゃんの今後の事。

入院当初は、ばあちゃんの体調が戻り次第退院する予定だったんだけど、今の状態ではそれが難しいこと。

ばあちゃんの入院している病院は基本、大きな手術をした人が入院する所なので長期入院ができず、今ばあちゃんが入っている個室もできれば空けてほしいような事を遠回しに言われているそうな。

退院しても最低3か月は24時間誰かがつきっきりで介護をしなければならず、兄ちゃんも初めはできれば家に一度帰してあげたいと言っていたけど、どう考えてもそれは無理だと言う事。

どこか他の病院となると、医療麻薬を取り扱っていて、しっかりと傷の処置ができる病院でなければならない。

正直、その条件を満たす病院が少なく、今はばあちゃんを受け入れてくれる病院と施設関係を探すのに苦労しているようだ。

途中、電話を変わったお嫁さんが、金銭的な面と気持ちの面が上手に噛み合ってくれる所があればいいんやけど・・・と言っていた。

今、とってもお世話になっているお嫁さんもどれほどしんどい思いをされていることだろう。

母ちゃんは今の自分には何もしてあげることができない悔しさで思わず涙があふれた。

兄ちゃんやお嫁さんの精神的、金銭的な負担のフォローも、ばあちゃんの心と身体のケアも・・・今の母ちゃんには何一つできない。

泣き止まない母ちゃんにお嫁さんが「そう言うたら今、パジャマの替えがないんやわ~。洗濯しても今の気候やったらなかなか乾かへんし、困ってるねん」と。

母ちゃんは「ほんなら今度京都に帰る時、新しいパジャマ買って持って行く(ノд・。)」と答えるのが精一杯だった。

お嫁さんは、「みんなが無理したらそれだけで気持ちもしんどくなって人にあたってしまうさかい、そうならへんように今の自分にできることをしたらええんやから」と優しい言葉をかけてくれる。

ばあちゃんも徐々に弱っていく自分の身体と日々向き合いながら頑張っている。

未だに頭がハッキリしない時があり、会話をしていても噛み合わない時があるそうな。

母ちゃんが送った日めくりカレンダーもばあちゃん一人の時はずっと日にちが変わる事はないそう。

母ちゃんが思ってるよりずっとばあちゃんの具合は悪そうだ。

早ければ今週、遅くても来週末には帰省する予定の母ちゃん。

母ちゃん自身も未だ体調は万全ではないけれど、そんなものたいしたことはない。

新しいパジャマを持って、笑顔でばあちゃんに逢いに行こう。

もう少し待っててね、ばあちゃん。




         今日のことば
         今日のことば2015-106



         みんなの心と身体が元気になりますように。

         元太お店2015-103 (3)




          2つのブログランキングに参加しています。
          皆さんの一押しがとっても励みになっています。
          いつもたくさんの応援ありがとうございます♪

          頑張るみんなにポチ
          にほんブログ村 その他日記ブログ ひとりごとへ
     
          ポチッ♪とお願いします!
          バナー2014

        
              
        今日もご訪問くださりありがとうございました(*^_^*)




                ネットショップはコチラから♪
                s-バナー

      お時間のある方はこちらのブログも覗いてみてくださいね♪

                s-アメブロ
2015.01.06 / Top↑
Secret