柴犬の元太から見た日常を楽しくお伝えします♪

母ちゃんはこう見えて(どう見えて?)一応主婦なので、毎日料理をしている。

料理は好きではないけど嫌いでもなく、得意でもなく、かと言って不得手でもない。

母ちゃんは料理に関しては割と応用が効くほうなので、冷蔵庫の中にある物や、残り物でちょちょいと何か作ったりすることができる人だ。

そして、ありがたいことにみんな口を揃えて「美味しい」と言ってくれる。

あ、自慢じゃないですよ(●´ω`●)

そんな料理を教えてくれたのが、京都のばあちゃんである。

定番の肉じゃがを初め、きんぴらごぼうにたたきごぼう、おからの炊いたん、サバの味噌煮、ホウレンソウのお浸しなど、俗に言う「おふくろの味」はみんなばあちゃんから教わった。

ばあちゃんは調味料もすべて目分量だったので、母ちゃんも料理をする時は計量スプーンを使ったことがない。

それでもなんとかそれなりの味になるのもばあちゃんのお陰であろう。

ばあちゃんは料理の他にも手作りのオヤツを作ってくれたりと、とてもマメな人だった。

そんなばあちゃんだけど、ただ一度だけ料理で大失敗したことがあった。

ある時、野菜を炒め、そこにあんをかけた八宝菜もどきのものを作った時、何を思ったか「ここにバナナ入れてみよ!」と突然目に入ったバナナを投入したばあちゃん。

結果、家族の大不評を浴びることに。

あの時のばあちゃんの「やってもうた~( ̄_ ̄|||) 」な顔が今でも忘れられない。

母ちゃんが学生の頃は、毎日毎日朝早く起きてお弁当を作ってくれたばあちゃん。

母ちゃんが石川へ移り住み、年に2回京都へ帰省した時も毎日ご飯用意をしてくれたばあちゃん。

そんなばあちゃんの姿を今はもう見ることができないんだなあ。

そういや、おいらも言うほど京都のばあちゃんに懐くことはなかったけれど、ばあちゃんが台所に立つやいなや、ばあちゃんの傍から離れなかったっけ。

ばあちゃん、母ちゃんはちゃんとばあちゃんから教わった味を受け継いでるよ。

時々、目分量を間違える事もあるけどね(* ̄m ̄)ばあちゃんのお陰で、母ちゃんもちゃんと主婦やってるよ。

ありがとね、ばあちゃん。




         今日のことば
         今日のことば2015-306



         おいらもばあちゃんに秋刀魚焼いてもらったことありますねん♪

         s-元太お店2015-305 (3)




          2つのブログランキングに参加しています。
          皆さんの一押しがとっても励みになっています。
          いつもたくさんの応援ありがとうございます♪

          それぞれにあるおふくろの味にポチ
          にほんブログ村 その他日記ブログ ひとりごとへ
     
          ポチッ♪とお願いします!
          バナー2014

        
              
        今日もご訪問くださりありがとうございました(*^_^*)




                ネットショップはコチラから♪
                s-バナー

            

      お時間のある方はこちらのブログも覗いてみてくださいね♪

                s-アメブロ
2015.03.06 / Top↑
Secret