柴犬の元太から見た日常を楽しくお伝えします♪

つい先日のこと。

おいらは無性に尻が気になってしょっちゅう尻を舐めていた。

アレルギー持ちのおいらにとってその光景は別段珍しいことではない。

が、あまりにも頻繁に尻を舐め、触ってみると右側の黄門様の辺りがプクリと膨れている。

「これはいつもとなんか違う」と思った母ちゃんは、おいらをすー先生の所へ連れて行った。

先生は診るなりおいらの黄門様に指を入れ、グリグリとかき回す。

・・・・・・OH!NO~~~~~~!!Σ(|||▽||| )

すると、ドロドロとした黄色い膿のようなものが出てきた。

・・・・・そう、肛門嚢である。

ワンコには肛門腺と言うのがあり、その肛門腺を絞ると中から膿のようなものが出てくる。

これが溜まると炎症を起こしたり病気になったりするので定期的に出す必要があるのだ。

おいらは毎月一回、薬浴のついでに肛門腺を絞ってもらっているんだけど、先月はどうやら忘れていたようで、セットでしてもらってる足裏の毛のカットもされていなかった。

しかしこの肛門嚢、とにかく臭い。

ワンコ飼いの人なら一度は嗅いだことがあると思うけど、強烈な臭さなのだ。

量が少ないと乾物的な臭いがする程度なんだけど、この間のおいらみたいに量が多くなると乾物の臭いどころではない。

何の臭いと言えばいいんだろうか・・・母ちゃんはただただ「くさっ!!元太くさっ!!」と連呼していた。

・・・・・・微妙に傷つくおいら( ̄ェ ̄;)

でもこれで黄門様の膨らみもなくなり、おいらの尻はスッキリ爽快である。

そして、母ちゃんはと言うと、京都のばあちゃんの葬儀から帰ってからずっと身体中が痒いと言っては、毎日のようにバリボリ掻いている。

掻きすぎて身体は傷だらけである。

かゆみ止めの薬を塗ると治まるんだけど、何日かするとまた痒くなる。

季節の変わり目なので乾燥してるからかも・・・と思ってはいるんだけど、あまりにも酷かったら一度病院で診てもらったほうがいいかもしれない。

そして、微熱が続く日があったり、つい最近は口角炎?になり、右の口の横が切れて大きな口を開けると必ず血を出している。

ビタミン不足だろうか(o・ω・o)

今はそれ以外にも花粉と格闘中の母ちゃん。

毎日毎日クシャミと目の痒みで辛そうである。

ああそれと、数日前の朝方、京都のばあちゃんが生き返る夢を見たんだった。

もうすぐ49日だからかな。

皆さんも季節の変わり目、体調崩されませんようにご自愛くださいませ(`・ω・´)




         今日のことば
         今日のことば2015-317



         そこまでして寝んでもええのに(笑) インスタグラムより。

         s-インスタグラム (2)




          2つのブログランキングに参加しています。
          皆さんの一押しがとっても励みになっています。
          いつもたくさんの応援ありがとうございます♪

          それぞれの体調管理にポチ
          にほんブログ村 その他日記ブログ ひとりごとへ
  
          ポチッ♪とお願いします!
          バナー2014

        
              
        今日もご訪問くださりありがとうございました(*^_^*)




                ネットショップはコチラから♪
                s-バナー

            

      お時間のある方はこちらのブログも覗いてみてくださいね♪

                s-アメブロ
2015.03.17 / Top↑
Secret