柴犬の元太から見た日常を楽しくお伝えします♪

ふとしたご縁でウルトラスーパーなようこちゃんちに新たな家族がやってきた。

それがこの子↓  

        雀大福2015-602 (1)

そう、雀の赤ちゃんだ。

この雀の赤ちゃん、道の上に落ちていたらしく、回りまわってようこちゃんちでしばらく様子を見ることになったんだけど、どこか悪いのかバタバタと羽をばたつかせ、グルグルと回っている。

どうみても様子がおかしい。

で、鳥も診てくれると言う獣医さんで診てもらったところ、どうやら障害を持っているらしく、このまま自然に帰しても無事に育つことはないだろうとのこと。

もしかしたら障害を持っているから親鳥に見放されたのかもしれないとも。

一見残酷に思うかもしれないけど、それが自然界で生きていく術である。

弱いものは生きていくことができないのだ。

だけどこの子は生きている。

本来、野鳥は人の家で飼ってはいけないもの。

でも、命あるものこのまま見捨てるわけにはいかない。

獣医さんも「最期まで面倒見られるなら・・・」」と言っていたそう。

ようこちゃんは「これもご縁や。うちの子として育てていくよ」と言ってすべて受け入れる決心をしたようだ。

雀と言えば、母ちゃんがまだ小学生の頃、一人ぼっちでいた雀の赤ちゃんを育て上げ無事自然へ帰した経験がある。

それだけにこの雀の赤ちゃんのことが気になって仕方がない。

この先、二度と大空を自由に飛ぶことができず、小さな籠の中で一生を終えることになるであろう雀の赤ちゃん。

果たしてそれがこの子にとって幸せなことなのかどうかわからないけれど、きっとこれもこの子の運命。

「雀大福」と名付けられた雀の赤ちゃん。

ようこちゃんもいずれは野鳥保護施設に預けることも考えているようだ。

それまでどうか元気に育ってほしいと願わずにはいられない。

ではここで、可愛い雀大福の様子をご覧ください(*^_^*)

        
         頑張ってご飯を食べる大福

         雀大福2015-602 (3)

         お腹が膨れてご満悦な大福

         雀大福2015-602 (4)

         ドヤ顔な大福

         雀大福2015-602 (6)

         手の中では何とか座っていられる大福

         雀大福2015-602 (7)

         これが限界な大福

         雀大福2015-602 (8)

         大福が気になって仕方がないミルたん

         雀大福2015-602 (10)

         こいつ誰やねん・・・なミルたん
 
         雀大福2015-602 (11)




         今日のことば
         今日のことば2015-604



         おいらも見守っていきますでな

         元太お店2015-604




          2つのブログランキングに参加しています。
          皆さんの一押しがとっても励みになっています。
          いつもたくさんの応援ありがとうございます♪

          懸命に生きようとしている命にポチ
          にほんブログ村 その他日記ブログ ひとりごとへ
      
          ポチッ♪とお願いします!
          バナー2014

        
              
        今日もご訪問くださりありがとうございました(*^_^*)




                ネットショップはコチラから♪
                s-バナー

            

      お時間のある方はこちらのブログも覗いてみてくださいね♪

                s-アメブロ
2015.06.04 / Top↑
Secret