柴犬の元太から見た日常を楽しくお伝えします♪

帰省2日目は、兄ちゃんファミリーとお墓参りへ行ってきた。

去年はばあちゃんも一緒だったのに・・・と、またそんな事を思ってしまう。

お墓は山の上の方にあり、お墓からは大阪市内と京都市内が一望できるとても景色の良い所である。

          京都帰省2015-8 (6)

山の上だけあって、とにかく暑い暑い( ̄ー ̄;

しかもばあちゃんの納骨はまだなので、じいちゃん一人しか入っていない。

て言うか、お盆なのでじいちゃんも家に帰って来てるんだからお墓参りの意味なくね?・・・と思ったり。

と、このお墓参りの後にちょっとしたハプニングがあった。

お墓参りを済ませ、父ちゃんと母ちゃんは兄ちゃんファミリーとは別に帰路につくことになり、父ちゃん運転の車で来た道を戻っていたはずが、父ちゃんが道を間違えて迷子になってしまったのだ。

長い長い山道をただひたすら下りながら

「何してんねん!ガソリンかて2目盛りしかないのに、ちゃんと家に帰れるんかいな!どんだけ山道下ったら気が済むねん!」と、母ちゃんは不安を消し去るかのように父ちゃんにひたすら文句を言っていた。

長い山道を下り、やっと街らしい景色が見えてきて、ふと標識を見ると京都市内とは逆の方へたどり着いたことに気づく。

そして、なんとその街は、じいちゃんとばあちゃんが新婚時代に暮らしていた街だったのだ。

・・・・もしかして、じいちゃんとばあちゃんが懐かしくなって連れてきたのだろうか( ̄ェ ̄;)

父ちゃんも母ちゃんもこの街は初めてで土地勘など一切ない。

車にナビがないので、どこをどう走ればいいのやら・・・とりあえず母ちゃんのアイポンの地図アプリで検索しながら京都方面へ車を走らせる。

途中立ち寄ったガソリンスタンドのおっちゃんに道を聞き、やっと見慣れた風景が見えてきた。

帰路につきながら、母ちゃんは生前じいちゃんとばあちゃんから聞いた新婚時代の話を思い出していた。

小さなアパートの2階に暮らしていたじいちゃんとばあちゃん。

階下のおばさんが、じいちゃんが仕事へ行く時、階段を下りる時に見える足がとても細くて綺麗だと何度も言っていたとか。

・・・・・・・いやいや、そんな思い出話などどうでもいい。

て言うか、言うほど覚えていないじゃないか( ̄ー ̄;

どちらにしても、道に迷わなければこの街へ来ることはなかっただろう。

思わぬことから、じいちゃんとばあちゃんの思い出の地にやってきた母ちゃん。

車から見る街の景色を見ながら「きっと今の街は、お父さんとお母さんがいた頃とは随分違っているんだろうなあ」と思うほど都会的なイメージの街だった。

もし、本当にじいちゃんとばあちゃんが連れてきたのだとしたら何か意味があったんだろうか。

まあ、ハッキリ言えるのは父ちゃんの方向音痴が確定したと言う事だろう。

いつか時間があれば、再度この街を訪れてみようか・・・・いや、多分ないな(笑)




         今日のことば
         今日のことば2015-818



         この日の夜ご飯は、お嫁さんの手料理をご馳走になりました♪

         京都帰省2015-8 (11)

         京都帰省2015-8 (13)

         京都帰省2015-8 (14)


         元太も一緒におよばれに来ましたよ(*^。^*)

         京都帰省2015-8 (12)

         とっても美味しかったです♪いつもいつもありがとうございます(*^_^*)         




          2つのブログランキングに参加しています。
          皆さんの一押しがとっても励みになっています。
          いつもたくさんの応援ありがとうございます♪

          初めて訪れた父と母の思い出の街にポチ
          にほんブログ村 その他日記ブログ ひとりごとへ

          ポチッ♪とお願いします!
          バナー2014

        
              
        今日もご訪問くださりありがとうございました(*^_^*)




                ネットショップはコチラから♪
                s-バナー

            

      お時間のある方はこちらのブログも覗いてみてくださいね♪

                s-アメブロ
2015.08.18 / Top↑
Secret