柴犬の元太から見た日常を楽しくお伝えします♪

ばあちゃんが膝の手術をして1ヶ月が経ち、どうやら今月いっぱいで退院できそうだ。

先週の木曜日には外出許可をもらって夕方まで店にいたばあちゃん。

今度の木曜日は自宅で一泊できるそうな。

そして昨日、ばあちゃんのお見舞いに行った時、母ちゃんが車をぶつけたことをやっと話すことができた。

ばあちゃんは機嫌が悪くなるとハンパなく恐ろしいので母ちゃんもどんな反応が返ってくるかドキドキしていた。

ばあちゃんは驚きはしたけれど決して母ちゃんを責めるでもなく「とにかく無事で良かったじゃない。怪我がなくて、人様を轢いたわけでもないのでそれだけで済んで良かった」といたって普通だった。

それでも「何か考え事してたんじゃないの?事故を起こす時ってふと気を抜いた時に起こしやすいから」と言った後に「何か心配事があるならなんでも相談しなさい。いつでも力になるから」と優しい言葉をかけてくれるばあちゃん。

怒られるかと思っていただけに、泣きそうになる。

それからばあちゃんとお店の事、父ちゃんの事、仕事の事、これからの事など久しぶりにゆっくりと話をした。

母ちゃんが小松へ来て21年。

ばあちゃんも母ちゃんもお互い気が強くて譲らないところがあるので、ぶつかってばかりいた。

数年前に大喧嘩した時は、京都へ帰る覚悟までしたこともあった。

「都より嫁ぎし嫁は我よりも 幸せ色に染めてやりたし」

母ちゃんが嫁に来た時、ばあちゃんから贈られた句。

今の母ちゃんは何色に染まっているだろうか。

そんなばあちゃんから聞いた話。

「ピンチはチャンス」と言うけれど、そのチャンスの神様は頭に3本の毛しかなくて、ちょっと首を横に振っただけで見えなくなるから、見逃さないようにしっかりと目を見開いて毛を掴むチャンスを逃さないようにしないといけないのだと。

毛が3本て・・・そうか、チャンスの神様はオバQだったのか(笑)

聞くところによると、本当は毛は3本ではなくて前髪だけしかないらしいんだけど(どこでオバQにすり替わってん(* ̄m ̄)プッ)

人生において、何度ピンチを迎えることになるのか。

それをチャンスに変えるのは自分次第なのだとばあちゃんが言った。

どちらにしても、神様の毛を掴むのは至難の業らしいので、しっかりと目を見開いて毛を掴むようにしないと。

昨日はばあちゃんも機嫌が良かったのか母ちゃんとも笑顔で話をすることができた。

お互い歳を重ね丸くなったのもあるのかもしれないなあと思ったり。

これからの未来を見据えて、ばあちゃんも覚悟を決めたらほんの少し気が楽になったのだろうか。

でもまあ、ばあちゃんの場合、1秒前と後とでは機嫌が急に変わったりするので油断ならないんだけど( ̄ー ̄;

京都のばあちゃんがお空に行ってから「母」と呼べる人は今いるばあちゃんだけである。

身体のあちこちを悪くして苦労ばかりしているばあちゃんだけど、今はただ元気でいてほしいと心から願う。




         今日のことば
         今日のことば2015-915



         相変わらず洗濯物が好きな元太。
         取りこんだしりから洗濯物の上で休む。おい( ̄∀ ̄;)(インスタグラムより)

         インスタグラム2015-915




          2つのブログランキングに参加しています。
          皆さんの一押しがとっても励みになっています。
          いつもたくさんの応援ありがとうございます♪

          少し丸くなった?ばあちゃんにポチ
          にほんブログ村 その他日記ブログ ひとりごとへ

          ポチッ♪とお願いします!
          バナー2014

        
              
        今日もご訪問くださりありがとうございました(*^_^*)




                ネットショップはコチラから♪
                s-バナー

            

      お時間のある方はこちらのブログも覗いてみてくださいね♪

                s-アメブロ
2015.09.15 / Top↑
Secret