柴犬の元太から見た日常を楽しくお伝えします♪

母ちゃんがWワークをやっていたのは今から2年前のこと。

たった2年前のことだけど、ずっと昔のことのように思える。

当時は大変だったけど、楽しいこともあったし、新たなご縁もあった。

そんなご縁の一つに、Wワーク先の店長さんがいる。

店長さんはどちらかと言うと控えめな性格であまりみんなとはしゃぐことのない物静かな方だった。

ただ、そんな性格だったからかハッキリと物を言う副店長さんに少々押され気味で、見た感じ副店長さんが取り仕切ってる風に見えた。

そして母ちゃんが辞めてから、内部での問題(スタッフ間でのエロエロ問題)が表沙汰になり、今現在は当時のスタッフがほとんどいないと言う事を風の噂で聞いていた。

その中に、店長さんもお店を辞めてお蕎麦屋さんを始められたと言う事を耳にした。

その後、当時のWワーク先で知り合ったお友達を通じてFBで店長さんとも再び繋がることができた。

店長さんは噂通りお蕎麦屋さんをされており、当時のWワーク仲間も何度か食べに行ったと言っていた。

そして一昨日のお休みの日、母ちゃんも仲良しのうっかり六助さんと一緒に店長さんのお蕎麦屋さんへお蕎麦を食べに行くことができた。

実はこの六助さんと店長さんともちょっとしたご縁があった。

それは、つい最近、六助さんの義父さんが他界されたんだけど、六助さんの息子さんがよく義父さんと店長さんのお蕎麦屋さんへお蕎麦を食べに行っていたというのだ。

それで、息子さんが義父さんが亡くなられた時に「じいちゃんにあそこのお蕎麦をお供えしてあげたい」と号泣していたそうで、その時にお願いしてお蕎麦を作って頂いたのがご縁となったそうな。

六助さんが後に「お昼の忙しい時やったにもかかわらず、ほんまに丁寧な対応してくれはってんよ」と言っていた。

そして、更にその店長さんと母ちゃんが知り合いだったことにベックラこいていた。

ここでまたご縁とご縁が繋がった。

店長さんのお蕎麦屋さんは住宅街の一角にあるとても静かで落ち着いた佇まいの綺麗なお店だった。

カウンター席と奥に座敷席があり、母ちゃんと六助さんは座敷席へ座り、母ちゃんは温かい天ぷら蕎麦を、六助さんは一番人気の天ぷらざる蕎麦を注文した。

           蕎麦

店長さんが心を込めて作ったお蕎麦はとても美味しかった。

店長さんは、ずっと前から手打ち蕎麦のお店を持ちたいと思っていたそうで、やっと夢が叶ったのだと言っていた。

そんなお蕎麦屋さんの店長さんをしている店長さんは、母ちゃんがWワークをしていた頃よりずっと素敵な笑顔をされていた。

「すごい美味しかったです。また食べに来ますね(*^_^*)」

と、店長さんに挨拶をして店を出る時も次から次へとお客様が来店されていた。

どうやらなかなか人気のあるお店のようだ。

そしてふと、今度、京都の大親友が遊びに来た時は是非連れて行ってあげよう!(`・ω・´)と思った母ちゃんである。




         今日のことば
         今日のことば2015-1022



         だいぶ前になりますが、おこた出しました(*^_^*)(インスタグラムより)

         インスタグラム2015-1009 (1)




          2つのブログランキングに参加しています。
          皆さんの一押しがとっても励みになっています。
          いつもたくさんの応援ありがとうございます♪

          ご縁の再会にポチ
          にほんブログ村 その他日記ブログ ひとりごとへ

          ポチッ♪とお願いします!
          バナー2014

        
              
        今日もご訪問くださりありがとうございました(*^_^*)




                ネットショップはコチラから♪
                s-バナー

            

      お時間のある方はこちらのブログも覗いてみてくださいね♪

                s-アメブロ
2015.10.23 / Top↑
Secret