柴犬の元太から見た日常を楽しくお伝えします♪

毎度、地蔵♪です。

昨日、無事に母の納骨が終わった。

12月だったけど青空が広がりとても気持ちの良い日だった。

今回も兄家族と、ワタシ達夫婦のほんとの身内だけでの納骨となった。

すでにお墓へ向かう道中で泣きそうだったワタシ。

母のお骨の入った骨壺を持った時に感じた母の重みが今もまだしっかりと手に残っている。

厳かに納骨式が始まり、お骨を入れる石をどかし中を覗いた時、20数年前に旅立って逝った父の遺骨と対面した。

薄汚れた白い袋にくるまれた父の遺骨。

久しぶりに父と出逢えた気がして涙が止まらなくなった。

家族一人ひとりで母のお骨を真新しい白い袋の中にいれてゆく。

少しでも力を入れるとすぐに壊れてしまいそうな母のお骨。

あんなに元気だった母の姿はもうどこにもないのだと実感する。

兄が父の遺骨の隣にそっと母のお骨を置き、お墓の蓋が閉められた。

これで実家にたった一人でいた母も、やっと父と一緒に眠る事ができ良かったと思う反面、唯一母の形として残っていたものをもう見る事ができないのだと言う寂しさが込み上げてきて堪らなくなった。

嗚呼、母に逢いたい(;ω;)

と、そんな想いを噛み締めていたら、いつだったか父のお墓参りに行った時、ふと見ると母が自分ちのお墓の隣のお墓を参っていたと言う話を姪っ子から聞いて、自分ちのお墓と他所の人のお墓を間違えるて( ̄∀ ̄;)・・・と、天然だった母らしいエピソードに思わず吹き出す。

その時、母は必死に父に謝っていたそうな(笑)

お母さん、ワタシはそんなあなたが大好きでした。

どうかこれからも父と一緒に相変わらずなワタシのことを長い目で見守っていてくださいね。

お父さん、お母さん、今日もそちらは青空が広がってますか?




         今日のことば
         今日のことば2015-1205



         父と母が眠る場所からは大阪と京都市内が一望できます。

         柳谷聖苑


         京都へ向かう道中、元太は何を想っていたのかな?

         帰省2015-1205




          2つのブログランキングに参加しています。
          皆さんの一押しがとっても励みになっています。
          いつもたくさんの応援ありがとうございます♪

          無事に終わった納骨にポチ
          にほんブログ村 その他日記ブログ ひとりごとへ

          ポチッ♪とお願いします!
          バナー2014

        
              
        今日もご訪問くださりありがとうございました(*^_^*)




                ネットショップはコチラから♪
                s-バナー

            

      お時間のある方はこちらのブログも覗いてみてくださいね♪

                s-アメブロ
2015.12.06 / Top↑
Secret