柴犬の元太から見た日常を楽しくお伝えします♪

今朝のこと。

少し寝坊して慌ててお散歩に出たおいらと母ちゃん。

雪がチラチラ降っていたので、アーケードのある商店街をお散歩した。

いつもと違うお散歩の時間。

出逢う人も微妙に違う。

そして、出逢うワンコも。

何度かお散歩で逢ったことのあるワンコ。

おいらを見るなり大きな声で「ワンワン!ワンワン!」と吠える。

おいらより年下ワンコだけど、おいらより遥かに体がでかい。

リードに繋がれてはいるけど今にも飛びかかってきそうな勢いだ。

そのワンコのリードを見ると伸びるリードらしく、結構な長さがある。

母ちゃんは飼い主さんに「すみません!リードを短く持って頂けますか?」と声をかける。

・・・・・が、ちょうど近くで工事をしており、工事の音で声がかき消されたのか聞こえないのか、飼い主さんはリードを長く伸ばしたままである。

母ちゃんは再度大きな声で「すみません!!!リードを短く持ってください!!!!」と少しキレ気味に声をかける。

すると飼い主さん、リードを短く持つ代わりに、自分自身が後ろへ下がり始めた。

・・・・・なんでやねん( ̄ェ ̄;)

飼い主さんが後ろへ下がったところで、ワンコのリードは伸びたままではないか。

結局、母ちゃんがおいらのリードを短く持ち、ワンコがおいらに届かない距離を保ちながらその場を後にした。

しかしこれ、普通に考えても散歩の時は人とすれ違う時、リードをすぐに引っ張れるよう短めに持つものだ。

ましてやよく吠えるワンコや、落ち着きのないワンコなら尚更である。

リードはただ着けていれば良いと言うものではない。

ワンコの身の安全を守るのと同時に、人の身を守るためのものでもある。

リードを持つ=手を繋ぐ ことだと思っている母ちゃん。

どんな時もしっかりと適度な距離で手を繋いでいたいものだ。




         今日のことば
         今日のことば2016-122



         元太のリードもだいぶ傷んできたね。

         元太お店2016-122




          2つのブログランキングに参加しています。
          皆さんの一押しがとっても励みになっています。
          いつもたくさんの応援ありがとうございます♪

          正しいリードの持ち方にポチ
          にほんブログ村 その他日記ブログ ひとりごとへ

          ポチッ♪とお願いします!
          バナー2014

        
              
        今日もご訪問くださりありがとうございました(*^_^*)




                ネットショップはコチラから♪
                s-バナー

            

      お時間のある方はこちらのブログも覗いてみてくださいね♪

                s-アメブロ
2016.01.22 / Top↑
Secret