柴犬の元太から見た日常を楽しくお伝えします♪

毒、吐きます。

本当に、次から次へと世間を騒がせている芸能界。

ゲスい男との不倫でことごとくイメージを悪くしたベッキー。

母ちゃんは以前からあまりベッキーのことが好きではなかったのであれだけど、芸能人の間では「ベッキーはとてもいい子」として評判が良かったのか、不倫をしたベッキーを「「許してあげて」と擁護する人が多数いるらしい。

確かにいい子なのかもしれないが、だからと言って一般的に良くない事をしている人を許してあげてなんて虫がよすぎる。

いい子なら何をやってもいいってことではない。

そもそもベッキーはいい子だったんだろうか。

まあ、週刊誌を信じるわけではないが、あのLINEのやり取りを見てる限り、とてもいい子には思えない。

二人の不倫がバレたことを知って逆に「ありがとう文春(*^。^*)」と言ってる時点で腹黒さマックスである。

これほどの騒ぎになって、ゲスい男の奥さんに対して申し訳ないと思わないのだろうか。

相手の事を思いやれない人に、とてもいい子だなんて言えたもんじゃない。

世論でもこれだけバッシングされると言う事は好感度タレントだったベッキーも実は言うほど好かれていなかったのかも。

そんな事を思い起こさせることがあった。

お笑いタレントの博多大吉さんが、ある番組に大幅に遅刻して多大な迷惑をかけたとか。

その遅刻した理由が「深夜遅くまでゲームに夢中になり、朝起きれなかった」と言うもの。

これがネットニュースになると、「まあ、大吉さんだから怒れないよね」とか「大吉さん好きだから許しちゃう」とか、遅刻した大吉さんの事を悪く言う人がほとんどいなかった。

いやいやいやいや、これが一般市民ならあかんやつやろ。

ゲームに夢中になって会社に遅れるとか、あかんやん。

これがもし、大吉さんでなくてベッキーならきっとまた世論の思いも違ったかもしれない。

大吉さんと同じように「ベッキーはいい子だから許しちゃう♪」とか多分言わないだろう。

人によってこんなにも世論の思いは違ってくるものかとある意味感心する。

いくら好感度が良くても、一つ何か問題を起こせばその好感度などすぐに失ってしまうもの。

それが世論と言うものだ。

ゲスい男もとても優れた音楽の才能を持っているだけに、本当に残念でならない。

まあ、世論の中には二人の事を擁護する意見もあるので、その思いを真摯に受け止め、これからはみんなが納得する姿勢を見せて頂きたいものである。

と、すべては母ちゃんの独断と偏見での意見であるので、どうぞご勘弁を。

最後に

「センテンス スプリング~~~!!!!」

流行にのってちょっと言ってみた(笑)




         今日のことば
         今日のことば2016-123



         世間の声ほど怖いもんはおまへんでな。

         元太お店2016-121 (2)




          2つのブログランキングに参加しています。
          皆さんの一押しがとっても励みになっています。
          いつもたくさんの応援ありがとうございます♪

          それぞれ違う世論の声にポチ
          にほんブログ村 その他日記ブログ ひとりごとへ

          ポチッ♪とお願いします!
          バナー2014

        
              
        今日もご訪問くださりありがとうございました(*^_^*)




                ネットショップはコチラから♪
                s-バナー

            

      お時間のある方はこちらのブログも覗いてみてくださいね♪

                s-アメブロ
2016.01.23 / Top↑
Secret