柴犬の元太から見た日常を楽しくお伝えします♪

3月に入り、軒並み最終回を迎える連ドラ。

ドラマ好きな母ちゃんも今クールは楽しみなドラマがいくつかあった。

中でも、昨日最終回を迎えた「ナオミとカナコ」は毎週ハラハラドキドキしながら観ていた。

DV夫から暴力を奮われ怯えるカナコ。

その親友であるナオミが、見るに見かねてDV夫を殺害しようと持ちかけ、結局二人で殺してしまうんだけど。

計画通りにいけば、完全犯罪となる所なんだろうけど、人を殺しておいてそうそう上手くいくわけがなく、少しずつボロが出てきて、DV夫の姉にどんどん追いつめられていく場面がたまらなく緊迫感があって、見ているだけで心臓が止まりそうになる。

で、最終回の終わり方も海外逃亡間際で警察が来たので捕まったのか逃げきれたのか、視聴者の人の想像にお任せします♪的な感じで終わったので未だモヤッと感がぬぐえないでいる。

ツイッターでの「ナオミとカナコ」のTLを見ると、出国する間際まで来ていたコートを脱いで手に持っており、画面に映る空港内の文字表記が日本語じゃなかったと言う事で、無事に逃亡できたのではないかと推測されていた。

それならそれでホッとする。

・・・・・てか、こないにも殺人を犯した人に「どうか逃げ切って~~~!と応援するのもどうかと思うんだけど、DV夫の姉役の吉田羊さんの執拗に追い詰める迫真の演技に「こいつ、鬱陶しいわ~~!」と、回を追うごとに羊が嫌いになっていき、ついついナオミとカナコを応援してしまうのだ。

そして、中国人の李社長役を演じた高畑淳子さん。

この人が出てくるだけで空気が一変するほど個性ある演技に引き込まれていく。

そしていつしか視聴者の心を鷲掴みにしてしまうのだ。

母ちゃんも頼りになる李社長とお友達になりたいわ~~!と本気で思ったものだ(笑)

主役はナオミとカナコのはずが、最終的に李社長と羊に持っていかれた感じがするほど圧巻の演技だった。

は~~~、しかしこれで毎週の楽しみが一つひとつなくなっていく。

火曜日には、今、母ちゃんのハートを鷲掴みにしているディーン・フジオカ様のドラマが胸キュンのまま終わってしまった。

そして今日は、こちらでも紹介した臓器提供のドラマが最終回を迎え、月曜日にはAAAのにっしーの唇に目を奪われていた「いつ恋」もとうとう終わりを迎える。

こうして一つひとつ毎週楽しみにしていたドラマが終わっていく。

寂しいけれど、4月からのドラマはどんなドラマが始まるのか・・・それもまた今から楽しみである。

と、またまたドラマについて熱く語ってしまった母ちゃんであった。




          今日のことば
          今日のことば2016-318



          終わりが来るまでの楽しみがドラマの醍醐味どすな。

          元太お店2016-317 (4)

          ※明日はいよいよ「ワンにゃんイベント」の日ですよ~~~(*^。^*)
            皆様のご来場、心よりお待ちしております~~♪


               イベント





          2つのブログランキングに参加しています。
          皆さんの一押しがとっても励みになっています。
          いつもたくさんの応援ありがとうございます♪

          最終回を迎えるドラマにポチ
          にほんブログ村 その他日記ブログ ひとりごとへ
        
          ポチッ♪とお願いします!
          バナー2014

        
              
        今日もご訪問くださりありがとうございました(*^_^*)




                ネットショップはコチラから♪
                s-バナー

            

      お時間のある方はこちらのブログも覗いてみてくださいね♪

                s-アメブロ
2016.03.18 / Top↑
Secret