柴犬の元太から見た日常を楽しくお伝えします♪

今までいろんなイベントに参加して、いろんな作家さんに出逢い、いろんな刺激を受け、それぞれに個性ある作品に出逢ってきた。

中には、母ちゃんと同じようなお仕事をされてる方もいて、そのクオリテティの高さに嫉妬する。

自分の作品は果たしてプロとして通用するのだろうか。

そんな疑問をいつも持ち続けている。

以前、誘われていたイベントも、ある事情でお断りしてから声をかけてもらえなくなった。

母ちゃんが参加しなくても、母ちゃんの代わりになる人は他にもたくさんいるからだろうか。

悔しいけど、それが現実。

いつか「かなえさんでないとダメなんです」と言ってもらえるようになりたい。

「ねこねこ展」の作品にしても「これでいいんだろうか?」と時々不安になる。

紹介されている他の作家さんの作品はどれも素晴らしく、眼を引くものばかりだ。

果たして自分にそれだけの技術があるのだろうか。

正直、母ちゃんの作品は「ねこねこ展」でお世話になるお店のカラーとも少し違うように思える。

それでも、母ちゃんは母ちゃんにしか描けないものがある。

迷うことなく、自信を持って挑んでいけばいい。

母ちゃんの代わりは他にはいないのだから。




          今日のことば
          今日のことば2016-620



          母ちゃんにしかできんことありますでな。

          元太お店2016-619




          2つのブログランキングに参加しています。
          皆さんの一押しがとっても励みになっています。
          いつもたくさんの応援ありがとうございます♪

          自分にしかできないことにポチ♪
          にほんブログ村 その他日記ブログ ひとりごとへ
         
          ポチッ♪とお願いします!
          バナー2014

        
              
        今日もご訪問くださりありがとうございました(*^_^*)




                ネットショップはコチラから♪
                s-バナー

            

      お時間のある方はこちらのブログも覗いてみてくださいね♪

                s-アメブロ

2016.06.20 / Top↑
Secret