柴犬の元太から見た日常を楽しくお伝えします♪

滋賀県のおっちゃんの家を出てから、渋滞にあうこともなく、明るいうちに実家に到着する。

「ただいま~~~!」

誰もいない実家のドアを開け、声をかける母ちゃん。

きっとこの時が一番寂しく辛い時。

荷物を降ろし、お仏壇に手を合わせる。

いつもご飯を食べていた部屋にはずっとホットカーペットが敷きっぱなしだった。

ばあちゃんはなぜか夏場でもカーペットを敷いていたのが不思議でならなかったけど、自分一人でカーペットをどかすのが億劫だったのかもしれない。

あまりに暑かったので、思い切ってカーペットを外す。

まっさらな畳が顔を出すも、うっすらカビ臭い。

掃除機をかけ、スッキリ。

今の所心配していた黒いGも出てこない。

お風呂を溜める時、蛇口をひねると赤茶けた水が出る。

しばらく水を流すといつもの水の色に。

・・・・・人が住んでいないと言う事はこういうことなんだな。

切なくて寂しくてたまらない気持ちになる。

ばあちゃんがいた頃は夜ご飯の準備ができていて、みんなで美味しく頂いたものだった。

そんな事を思いながら、コンビニ弁当を頬張る母ちゃんたち。

あまりの寂しさにテレビを点けるも、ただ点けてるだけである。

ばあちゃんがいない二度目の夏。

慣れるまでにはまだまだ時間がかかりそうである。




           今日のことば
           今日のことば2016-818



           長距離のドライブもだいぶ疲れるようになったのか
           実家に着くなりバタンキューの元太。
           暑い中、お疲れちゃんやったね。

           京都2016-8 (9)




          2つのブログランキングに参加しています。
          皆さんの一押しがとっても励みになっています。
          いつもたくさんの応援ありがとうございます♪

          寂しさに慣れない実家にポチ♪
          にほんブログ村 その他日記ブログ ひとりごとへ
     
          ポチッ♪とお願いします!
          バナー2014

        
              
        今日もご訪問くださりありがとうございました(*^_^*)




                ネットショップはコチラから♪
                s-バナー

            

      お時間のある方はこちらのブログも覗いてみてくださいね♪

                s-アメブロ

2016.08.18 / Top↑
Secret