柴犬の元太から見た日常を楽しくお伝えします♪

京都の実家の2階はアトリエとして、じいちゃんとばあちゃんがお仕事をしていた部屋がある。

小さな箱のようなこじんまりとしたアトリエ。

そこには母ちゃんが小さな頃からいつも目にしていたたくさんの絵の具や絵筆や美術書が今もそのまま残っている。

何度か京都に帰った時に、絵筆や絵の具はいくつか母ちゃんが持って帰ってきたけれど、まだまだ数えきれないほどの画材道具がある。

押入れを開けるとこれまた大きな模造紙や紙類が・・・。

捨てるにはもったいないので持って帰ろうかと思ったけれど、正直持って帰るのも面倒くさい(笑)

でも、いつまでも放ってはおけないので、いつかは全部持って帰りたいと思っているんだけど。

じいちゃんとばあちゃんの人生がたくさん詰まったアトリエ。

この場所で、毎日黙々と仕事をして母ちゃんと兄ちゃんを育ててくれたんだね。

アトリエに一通り眼を通し、ふと、今まで見る事もなかった戸棚の引き出しに目が行った。

「何か面白い物があるかも~」と、もそもそと物色してみると、ばあちゃんの小さなアルバム数冊があった。

「近所の人と友」

そう記されたアルバムをめくると、お友達とお花見に行った時、旅行した時、ご飯を食べに行った時など、楽しげなばあちゃんの姿が写真に残されていた。

じいちゃんが亡くなってから、習い事をしたり随分と社交的になったばあちゃん。

面倒見がよく優しい人柄だったせいか、お友達もたくさんいたんだろう。

母ちゃんの知らないばあちゃんがそこにあった。

そして、確かにばあちゃんは生きていたんだなと実感する。

実家に遺された数々の思い出の品を見るたびに、切なくて寂しくてたまらない気持ちになるけど、以前ほど悲しみを感じることはしなくなった。

それはきっと、少しずつ、悲しみが優しい思い出に変わりつつあるからかもしれないね。




          今日のことば
          今日のことば2016-825



          アトリエに遺されたたくさんの美術書や絵の道具類。

          京都2016-8 (8)


          京都から帰る車の中、後部座席で座ったまま寝る元太(笑)

          京都2016-8 (1)
          

          地味に人間化するwww

          京都2016-8 (19)




          2つのブログランキングに参加しています。
          皆さんの一押しがとっても励みになっています。
          いつもたくさんの応援ありがとうございます♪

          思い出詰まったアトリエにポチ♪
          にほんブログ村 その他日記ブログ ひとりごとへ
     
          ポチッ♪とお願いします!
          バナー2014

        
              
        今日もご訪問くださりありがとうございました(*^_^*)




                ネットショップはコチラから♪
                s-バナー

            

      お時間のある方はこちらのブログも覗いてみてくださいね♪

                s-アメブロ

2016.08.25 / Top↑
Secret