柴犬の元太から見た日常を楽しくお伝えします♪

憔悴しきった表情で何度も何度も「すみませんでした。申し訳ありませんでした」と頭を下げる女優さん。

「どんなことがあっても親は親ですから」

自分のために、親に頭を下げさせることほど悲しいことはないなと。


先日、滅多に開けることがない箱の中身を整理しようと久しぶりに見た箱の中。

俗にいう「宝物箱」だ。

母ちゃんにとって捨てられないものばかりが入っている宝物箱。

その中にあった白い大きな封筒。

封筒の中には2通の手紙が入っていた。

一通は京都のじいちゃんから。

もう一通は京都のばあちゃんから。

じいちゃんの手紙は、当時高校生だった母ちゃんへ宛てた手紙。

ばあちゃんの手紙は、故郷を離れ、嫁ぎ先で頑張る母ちゃんへ宛てた手紙。

読んだ瞬間涙腺が崩壊する。

ばあちゃんからの手紙は、いつ頃のものなのか。

遠い記憶を辿る。

手紙の内容を見ると、おそらく母ちゃんの嫁ぎ先へと遊びに来た時のものだったように思う。

電車に一人で乗ることができなかったばあちゃん。

そんなばあちゃんが切符を握りしめ、ドキドキしながら一人電車に乗りやってきたのを思い出す。

2日間滞在した後、帰り際に渡されたであろう手紙。

この時の記憶がまったくない母ちゃん。

改めて手紙を読み返す。

どこを読んでも母が娘を想う言葉ばかりが書き綴られている。

そして、最後に記されていた言葉。


「お母さんの命よりだいじな香苗に」


いつもいつも母ちゃんの幸せを願ってくれていたばあちゃん。

母親にとって子供は何よりもかえがたい大切な宝物。

そんな想いが強く伝わってくる。

字を書くのがあまり得意じゃなかったばあちゃんが、ペン習字を習い始めて書いた手紙。

一文字一文字、丁寧に心を込めて書いたであろうばあちゃんの手紙。

またそっと母ちゃんの宝物箱に閉まっておこう。




         今日のことば
         今日のことば2016-826



         元太もね、母ちゃんにとって命より大切なものだよ。

         インスタグラム2016-826


         今は亡き母からの手紙。

         手紙




          2つのブログランキングに参加しています。
          皆さんの一押しがとっても励みになっています。
          いつもたくさんの応援ありがとうございます♪

          心のこもった大切な手紙にポチ♪
          にほんブログ村 その他日記ブログ ひとりごとへ
     
          ポチッ♪とお願いします!
          バナー2014

        
              
        今日もご訪問くださりありがとうございました(*^_^*)




                ネットショップはコチラから♪
                s-バナー

            

      お時間のある方はこちらのブログも覗いてみてくださいね♪

                s-アメブロ

2016.08.26 / Top↑
Secret