柴犬の元太から見た日常を楽しくお伝えします♪

毎年恒例の「24時間テレビ」

両足麻痺の子を悪天候の中、富士登山させては「寒い寒い」と愚痴をこぼす子をどついた映像が流れたり、出演依頼をお願いしていた障害を持つお子のご家族が出演を断ると、スタッフから心ない言葉を浴びせられたなど、相変わらず良い噂が流れない。

偽善番組だとか感動の押し売りだとか言われているけれど、何の疑いもなく素直に観る分には、障害に負けず懸命に今を生きてられる姿を見ると、自然と涙腺が緩む。

そう言う母ちゃんもお仕事があるのでほとんど観てないんだけど(笑)

そんな中、筋ジストロフィーに侵され自由に歩くことができない女の子のために「お昼寝アート」なるものを制作されたのを観た。

これは女の子ができない事を「お昼寝アート」の中で実現しようと言うものだ。

女の子のずっと夢見ていたことが絵本のページをめくるように一つひとつアートになって実現していく。

お散歩したり、車を運転したり、海で泳いだり・・・・本来なら普通にできることも彼女にとっては特別なことなんだなと。

そんな「お昼寝アート」を観ているうちに胸がキュンと締め付けられ、思わず号泣する母ちゃん。

当たり前にできることが当たり前でない彼女にとって、この「お昼寝アート」がどんな風に映ったのだろう。

当たり前に歩いて、当たり前に走って、当たり前に笑って、当たり前にご飯を食べて。

そんな普通の当たり前に感謝しなければいけないね。

いずれは全身の筋力が失われ、感情表現もうまく表すことができなくなるだろう彼女に対し、お母様は「せめて顔の筋力だけは失わないようにしたい」と。

いつも傍で笑っていてくれる娘のために。




         今日のことば
         今日のことば2016-829



         当たり前にある日常に感謝どす。

         元太お店2016-828 (1)




          2つのブログランキングに参加しています。
          皆さんの一押しがとっても励みになっています。
          いつもたくさんの応援ありがとうございます♪

          当たり前にある普通のことにポチ♪
          にほんブログ村 その他日記ブログ ひとりごとへ
   
          ポチッ♪とお願いします!
          バナー2014

        
              
        今日もご訪問くださりありがとうございました(*^_^*)




                ネットショップはコチラから♪
                s-バナー

            

      お時間のある方はこちらのブログも覗いてみてくださいね♪

                s-アメブロ

2016.08.29 / Top↑
Secret