柴犬の元太から見た日常を楽しくお伝えします♪

こんにちは。地蔵♪です。

ごめんなさい。少しお話させてくださいね。

先日の木場潟でのイベントにて、ペットの似顔絵心書で、時間がなくて後日お送りさせて頂くことになったお客様へ先日出来上がったイラストをお送りしたら

「すみませんが、色が違います」とのメールが。

イラストは全部で4枚。

そのうち、3枚のワンコの色が違っていたらしい。

あらかじめ携帯へ送って頂いた画像を確認したら、黒に見えていたワンコがチョコレート色、茶色だと思っていたワンコがもう少し柔らかい茶色だったことが判明。

ここで言い訳させてもらうとすれば、送って頂いた画像は本来の色と違って見えるのは仕方がないこと。

ですが、前もってお代金を頂いてることもあり、お客様に納得して頂くことが先決である。

すぐに描き直し、再度、お客様の元へお送りした。

そして今朝、またもやメールが。

今度は初めに頂いたのと雰囲気が違って、まるで別の犬だと。

・・・・・・一枚一枚手描きなので、同じものにはならないとお伝えはしていたけれど、どうやら初めにお送りしたイラストの方がお好みだった様子。

だからと言って、下書きなしで直接色紙に描いてるので、同じイラストは描くことができない。

その旨をお伝えし、ご面倒でも初めに描いたイラストを送ってくださるようお願いすると、クレーマーだと思われると嫌なので今日か明日、直接お店に伺うとのこと。

正直、イラスト風とリアル画と同じように思われると困るのが本音。

しかもイベントではイベント価格の1500円からとなっており、本来頂くお値段の半分。

イラスト風だと、そっくりそのままでないのも承知の上。

今回のお客様の場合、イラスト風でもかなりリアル画に近いものを・・・と思ってられるようだ。

そうなると、それなりのお代金を頂戴することになる。

お客様が来られたら、その辺の線引きをしっかりとご説明させて頂き、納得して頂く必要がある。

ただ、それが言い訳だと捉えられないかと心配になるんだけど。

でも今回は、大切な方にお贈りされるらしいので、ワタシ自身もお客様に喜んで頂かないと意味がないので、再度描き直させて頂くつもりだ。

メールの中に、あまりにも違い過ぎて哀しくなりましたとの言葉が。

これがワタシの心に深く突き刺さりました。

プロとして、悔しい気持ちでいっぱいになる。

「ペットの似顔絵心書」

今までどれほどのワンコやニャンコを描いてきたことか。

その中にはこのお客様のように、ワタシが知らないだけで、他にも仕上がりに納得いかない方がおられたかもしれない。

そう思うと、自分の腕の未熟さを思い知らされる。

久しぶりに落ち込んだけれど、いつまでも落ち込んでるわけにはいかない。

常に前進あるのみ。

頑張ろう。




          今日のことば
          今日のことば2016-1006



          一日一度はホリホリするソファの上。
          どこにおるんか一瞬探したがな。

          インスタグラム2016-1006 (1)




          2つのブログランキングに参加しています。
          皆さんの一押しがとっても励みになっています。
          いつもたくさんの応援ありがとうございます♪

          落ち込む気持ちにポチ♪
          にほんブログ村 その他日記ブログ ひとりごとへ
 
          ポチッ♪とお願いします!
          バナー2014

        
              
        今日もご訪問くださりありがとうございました(*^_^*)




                ネットショップはコチラから♪
                s-バナー

            

      お時間のある方はこちらのブログも覗いてみてくださいね♪

                s-アメブロ

2016.10.06 / Top↑
Secret