柴犬の元太から見た日常を楽しくお伝えします♪

奈良県在住のお友達Yちゃんから、お子様がお能を習っており、その練習着である着物がだいぶ傷んできたので、うちで用意できないかと問い合わせを頂いた。

数ある呉服屋さんの中からわざわざうちにお声掛け頂き、誠にありがとうございます。

Yちゃんからお電話頂いた時点では、お能の先生の話によると生徒さんの人数分作り直したいとのことだったので、10枚はいるだろうとのこと。

とりあえず、歌舞伎の衣装の世話をしていたばあちゃんなら詳しいだろうと、ばあちゃんに相談し、その後のやり取りは、直接Yちゃんとばあちゃんにお任せした。←丸投げ化(笑)

枚数を揃えるのはもちろん、サイズも取り揃えなければならないので、エロエロと手間がかかる様子である。

そして数日経った昨日、Yちゃんから申し訳なさげな電話を頂いた。

昨日になって、改めてお能の先生に聞いてみると、枚数分作るのではなく、一枚ずつ順番に買い足していくことになったと。

Yちゃんは「なんかややこしい事になってしまってごめんね。枚数分や言うてはったのに、全然話が違ってしまって・・・たった一枚の事でお手間とらせるのもほんま申し訳ないし、今回はお能の先生にお任せしようかと思うんやけど・・・」と。

母ちゃんも「そうやね~、一枚やったらどっか近くの呉服屋さんで頼んだ方がええかもしれんね」と応えるしかなかった。

とりあえずその旨を、直接ばあちゃんとやり取りしていたYちゃんからばあちゃんに伝えてもらうと、ばあちゃんは「私は一枚からでもお客様のご希望に添えるようお商売してきたので、そんな事お気にされなくても大丈夫よ。せっかくお声掛け頂いたのだから、一枚でも最後まで責任もってお相手させて頂きますので、もう少しお待ちくださいね」と。

その言葉を聞いた母ちゃんは、自分が恥ずかしくなった。

たった一枚・・・・それがどれだけ大切な一枚かという事を、ばあちゃんから学んだ気がした。

そしてYちゃんも、ばあちゃんの言葉に感動したと言っていた。

呉服一筋50余年・・・年々年老いて、身体も自由が利かなくなってきているばあちゃんだけど、商売に関してはどんなに小さな商いであっても手を抜かない。

ばあちゃんの商売に対する姿勢はやはり本物である。

そして母ちゃんは、呉服屋に嫁いで20余年、まだまだばあちゃんから教えられることがあるんだな。

Yちゃんのお陰で、なんだか大切なことを思い出させてもらった気がした母ちゃん。

Yちゃん、この度はお声掛け頂き、本当にありがとね(*^_^*)




          今日のことば
          今日のことば2014-1202



          真心込めた商売ができて初めて一人前と言えるんかもしれまへんな。

          元太お店2016-1202




          2つのブログランキングに参加しています。
          皆さんの一押しがとっても励みになっています。
          いつもたくさんの応援ありがとうございます♪

          商売人の心にポチ♪
          にほんブログ村 その他日記ブログ ひとりごとへ
      
          ポチッ♪とお願いします!
          バナー2014

        
              
        今日もご訪問くださりありがとうございました(*^_^*)




                ネットショップはコチラから♪
                s-バナー

            

      お時間のある方はこちらのブログも覗いてみてくださいね♪

                s-アメブロ







2016.12.02 / Top↑
Secret