柴犬の元太から見た日常を楽しくお伝えします♪

ばあちゃんの家に、何気に置いてあった2年前のお節料理のカタログ。

数あるお節料理の中の一つに大きな赤丸がついていた。

おそらく、新年に兄ちゃん家族と一緒に食べようと思って予約したのだろう。

だけど、この時のばあちゃんは既に病がかなり悪化し、年金暮らしのばあちゃんにとってその治療代もままならない時だった。

そんな時でもばあちゃんは、新たな年をみんなで迎え、美味しいお節に舌鼓を打ちながら、楽しいひと時を過ごそうと思っていたのだろう。

家族みんなの笑顔を見ることが何よりも好きだったばあちゃん。

弱っていく身体と向き合いながら、どんな思いでこのお節料理を注文していたのだろうかと思うだけで涙が溢れた。

自分の事より、人のことを・・・ばあちゃんらしいと言えばばあちゃんらしい。

そんなばあちゃんで良かったと心から思う。

そして台所で見かけた見覚えのない中華鍋。

お嫁ちゃんに「綺麗やったら持って帰って使ったらええやん」と母ちゃん。

中華鍋を手に取り見ると、かなり使い込まれていた。

その中華鍋とは他に、同じ色の取っ手のついたフライパン、卵焼き器、お玉があった。

どうやらセットで購入したらしい。←おそらく通販。

ふと、取っ手を見ると・・・「陳 〇一」と記されている。

有名な中華の達人の名前ではないか。

「陳 〇一て・・・」思わずお嫁ちゃんと二人で顔を見合わせ大笑いする。

・・・・・・・陳さん監修の中華鍋セットか( ̄∀ ̄;)何気にテレビショッピングで観た覚えがある。

通販好きのばあちゃん。

他にもフライパンはあるはずなのに、ついつい買ってしまったのだろう。(お金もないのに)

この使い込まれた中華鍋でどれほどの料理をしてきたことか(笑)

それもこれも、今となってはただの思い出に過ぎない。

まだまだ思い出が多すぎて、帰るたびに胸が詰まる。

ぼちぼちと、ばあちゃんの思い出と共にお片付けをしていかないといけないね。




          今日のことば
          心書


   
          一泊二日の帰省を終えて疲れて爆睡する元太。
          お疲れちゃん。

          元太自宅2017-129




                今日もご訪問くださりありがとうございました(*^_^*)



                ネットショップはコチラから♪
                s-ショップ2

            

      お時間のある方はこちらのブログも覗いてみてくださいね♪

                ぶろぐ
2017.01.30 / Top↑
Secret