柴犬の元太から見た日常を楽しくお伝えします♪

26日(金)と28日(日)は、郊外から外れた山の中にある「せせらぎの郷」と言うところで心書の講師としてのお仕事があった。

初めての場所で道に迷うのではないかと不安だったけど、いつも母ちゃんのことをまるで母のように見守ってくれているNさんがアシスタントとして同行してくれたので本当に助かった。

本来は26日だけの予定だったのが、急遽28日もお願いしますと担当のN出さんから連絡があり、結局2日間することに。

そして、2日間講師をして気づいたことがある。

初日の26日は、せせらぎの郷から生徒さんを募集して「心書を習いたい!」と言う人を対象にしていたので、皆さん真剣に文字を書かれ、母ちゃんの言葉一つひとつに耳を傾けてられるのがわかり、充実した2時間を過ごすことができた。

授業の最後に「楽しかったですか?」と聞くと皆さん声をそろえて「楽しかったです(*^_^*)」と笑顔で答えられていたのがとても嬉しかった。

この心書の授業は、年間を通して何度かあるのでそれもまた楽しみである。

そして28日は、市内のとある町内のなんちゃら会の集まりで、せせらぎの郷で温泉に入ったり、お食事の合間に体験してみようと言うものだった。

体験教室と言う軽いノリのせいか、10名ほどの参加者さんは初めから集中力がなく、途中でタバコを吸いにふらりといなくなったり、高齢のおばあちゃんは、少し文字を書いては「は~~~~、疲れた・・・・」と筆を置いては寝そうになったり、文字を書くのに飽きた人はお隣でやってるグラスアートの教室を見に行ったり、勝手に教えていないことをやり始めたり・・・と、とにかく自由な人ばかりで最後までまとまりのない2時間となった。(正確には2時間もかからなかったんだけど)

母ちゃんのモットーは「楽しく心書に触れてもらうこと」だから、楽しくないのに書いてもらっても意味がないので、「文字を書くのが楽しくなくなったら休んでもらっていいですよ」と声をかける。

・・・・・・・アシスタントとして同行してくれたNさんもあまりのまとまりのなさにうっすら怒りさえ覚えていたほどである。

母ちゃん自身、こんな授業は初めてである( ̄∀ ̄;)

どんな生徒さんであっても、講師を引き受けた以上、中途半端なことはできない。

こっちも真剣に教えているのだから、できれば真剣に学んで頂きたいものである。

しかもいいお年の方々ばかりなのに・・・。

次回からこの町内から講師の依頼があってもお断りさせて頂いてもいいのではないかと思ったり。

まあ、いい勉強をさせてもらったと思えば腹も立たないか。

・・・・ふっ。




            今日のことば
            今日のことば2017-528



            26日の心書教室の様子。
            皆さんとても真剣に取り組まれてました。

            心書講師2017-526


            疲れて帰って来た母ちゃんに出血大サービスどす♪

            元太自宅2017-526




                今日もご訪問くださりありがとうございました(*^_^*)



                ネットショップはコチラから♪
                s-ショップ2

            

      お時間のある方はこちらのブログも覗いてみてくださいね♪

                ぶろぐ
2017.05.29 / Top↑
Secret