柴犬の元太から見た日常を楽しくお伝えします♪

以前からこちらでもお話してました京都の問屋さんですが、仕事熱心でとても愛想の良いIさんから始まり、無愛想で失敗の多かったSさん、初めから全くヤル気のなかったYさん、そして今はKさんと言う人が担当している。

このKさんも初めはすごくヤル気があり、難しい注文をする母ちゃんに臆することなく、様々な商品を持ってきては商売をしていた。

そんなKさんが今年初めての商売にやって来た。

しかしKさんはこの日、母ちゃんに年頭の挨拶をしただけで帰ろうとされるので、母ちゃんが「あれ?今日は何も商品ないんですか?」と聞くと「いや~、一応あるんですけどね。あの、バッグなんですけど、見られます?」と応えるKさん。

・・・・・あるんかいな( ̄ェ ̄;)

母ちゃんはちょっとムッとしながらKさんに「見られます?って持ってきてるんやったら見せてくださいよ( ̄ω ̄)」と言い放つ。

Kさんは慌ててバッグの入った箱を持ってきた。

バッグは母ちゃんの好みの商品ではなかった。

それを初めからわかっていてKさんが見せなかったとしたら、それはKさんの勝手な判断であって、商売人としてはどうだろう。

いくら好みの物でなくても「もしかしたら気に入ってもらえるものがあるかもしれない」ととりあえず見せるのが筋ではないだろうか。

Kさんはそんな母ちゃんの思いを察したのか「いや~~、若奥さんの好みは難しくて何を持ってくればいいのか会社のみんなとも頭悩ませていたんですよ~」ときた。

・・・・・アフォか。

そんな事で会社の人みんなと相談することか!

きっとバッグは好みの物ではないし、見せるだけ無駄やし車から大きな箱出すのも面倒臭いし・・・とか思ってたんとちゃうんかい!

どうもこの問屋さんは仕事に対する責任感と言うものが薄れているように思えてならない。

どの人も母ちゃんより年上で、おそらく長い間勤められているのだろうけど、仕事に対して言い訳したり、面倒くさがっていたらどうしようもないではないか。

そう思うと、一番初めに担当されていたIさんはできる人だったんだとつくづく思う。

嗚呼、カムバ~~~~ック、Iさん!!ととりあえず叫んでみる。

Iさんが早々に会社を辞められたのもこうした会社のあり方の背景があったからかもしれないな・・・とふと思う母ちゃんである(o・ω・o)

どちらにしても、母ちゃんの好みに合うものは少ないとしても、良い商品を持っているのだから惜しむ事なく、どんどん商品を見せてもらいたいものだ。

だって、京都からわざわざ石川まで足を運んでるんだから、何もしないとガソリン代も時間ももったいないと思うんだけど・・・(*・ω・*)

それはそうと、去年の11月に隣の三日市商店街に3軒のお店がオープンしたとこちらでも紹介しましたが、その1ヶ月後の12月下旬に3軒とも閉店しました(*;∀;*)母ちゃんビックリ。

やっぱり商店街、無理なんか?(涙)




        今日のことば
        s-今日のことば2012-123



        何でもヤル気出していきましょな(`・ω・´)

        元太お店2012-1212




        ブログランキングに参加しています。
        いつもたくさんの応援ありがとうございます♪

        もう一つヤル気のない問屋さんにポチをして頂くと
                にほんブログ村 その他日記ブログ ひとりごとへ

        今度来た時はヤル気満々になってるかも・・・う~~ん。
                br_decobanner_20100726145436.gif

          今日もご訪問くださりありがとうございました(*^_^*)




                ネットショップはコチラから♪
                
画像


                
            お時間のある方はこちらのブログも覗いてみてくださいね♪            
                    s-IMG_0070.jpg

2012.02.02 / Top↑
Secret