柴犬の元太から見た日常を楽しくお伝えします♪

今回、母ちゃんがインフルにかかって思ったこと。

「私がしっかりしないと(`・ω・´)」と言うことだ。

家族みんなが病気になって改めて感じたようだ。

若い若いと思っていてもやはりそれなりに年を取り、無理のできない身体になっている義母と、精神的にかなり打たれ弱い父ちゃんの中で唯一強靭な精神力を持つ母ちゃんは、自分がインフルで寝こんでいても頭の中はお店の事や、おいらの事でいっぱいだった。

いくらこっちが病気をしてお店を開けることができなくても、わざわざ足を運んでくださるお客様には関係のない事。

お客様がお店に来て肝心のお店が閉まっていては申し訳がない。

そして、母ちゃんの命と同じ位大事に思ってくれているおいらの事。

どんなに身体が辛くても、「元太の散歩だけは行かないと!(`・ω・´)」と熱があるのに解熱剤を飲んで散歩に連れてってくれる母ちゃん。

おいらはチッコは部屋のトイレでできるんだけど、ウンコはよっぽどでないとしない。

それを知ってる母ちゃんは、「とにかくウンコをさせないと!」と思っていたようだ。

そんな母ちゃんの思いを感じたのか、おいらはいつもより早々にウンコをした。

母ちゃんは涙目で「元太~~~、偉かったね~~~、よしよし(〒∀〒)」と褒めてくれた。


時々、母ちゃんは無理をしてでも頑張りすぎる自分に「なんで私だけが」と思うこともあるようだけど「自分だけが」と思うとそれだけで心に余計な重荷がかかる。

それならば初めから「自分だけが」と思うのではなく「自分にできることをしよう」と思うようにすれば心にかかる負担も軽くなる。

そう思いながら何とかやって来た母ちゃん。

そんな母ちゃんも以前はこれほどまで強い精神力の持ち主ではなかった。

昔はすぐにあきらめて、何でも人任せで人に甘えてばかりいた。

きっとその時は、自分以外守るものが何もなかったからかもしれない。

だけど今は、大切な守るべきものがたくさんある。

それはどれも自分のこと以上に大切なものなのだと母ちゃんは言う。

人は守るべきものがあると自然と強さを身に着けるものなのかもしれないね。

しかしまあ、うちの中で一番強いのが母ちゃんってのもどうかと思うけど、昔から「母は強し」って言うからね。

きっとどこの家庭でも母ちゃんが一番強いのかもしれないね。

そんなおいらにも自分以上に大切な守るべきものがある。

それは、父ちゃんと母ちゃんだ。

今はまだ守られてる立場だけど、「いざと言う時は、おいらの命を投げ打ってでも父ちゃんと母ちゃんを守るからね!」と言うと、母ちゃんに「10年早いよ( ̄ω ̄)」と一蹴された。

10年経ったら、おいらは母ちゃんより強い男になっているだろうか(o・ω・o)




        今日のことば
        今日のことば2012-128



        元太はね、母ちゃんがずっと守っていくからいいんだよ。

        元太自宅2012-1262


        先日の「京都のおみや」が当選された方の元に届いたようなので
        こちらでもご紹介したいと思います(^。^)

        今回のおみやは
        「可愛いクマさんのクリアファイルにクマさんの絵ハガキ、クッキー、
         祇園辻利の宇治茶ふりかけ、大粒抹茶キャラメル」でした♪

        s-京都みやげ2012-123


        一押しはなぜかクマさんが舞妓になってるグッズ達どすえ~。

        s-京都のおみや2012-1235

        s-京都のおみや2012-1233


        後は祇園辻利の「宇治茶ふりかけ」
        「これでお茶漬け食べてみた~~~い!」と言うだけで購入決定(^。^)

        s-京都のおみや2012-1232




        ブログランキングに参加しています。
        いつもたくさんの応援ありがとうございます♪

        それぞれの守るべき大切なものにポチをして頂くと
               にほんブログ村 その他日記ブログ ひとりごとへ

        今よりもっと強い心でいることができます。
               br_decobanner_20100726145436.gif

            今日もご訪問くださりありがとうございました(*^_^*)




                ネットショップはコチラから♪
                
画像


                
            お時間のある方はこちらのブログも覗いてみてくださいね♪            
                    s-IMG_0070.jpg



※浅見光彦撮影こぼれ話

昨日のロケは、500名ほどのエキストラの小松市民協力の下、小松署の刑事さんの娘が子供歌舞伎に出演するシーンを撮影したそうで、5時間ほど駅前にある「こまつ芸術劇場うらら」に缶詰状態だったそうな。
エキストラに参加された方が撮影終了後、疲れた顔をしてお店にやって来られた。それほど過酷な撮影だったんだろうか( ̄ェ ̄;)

ロケ最終日の今日はどんな撮影が待っているのか・・・母ちゃんは今日もヤル気満々で必要以上に目立つ赤いセーターを着て準備万端である。(やっぱり顔が3分の2は隠れるほどのマスクをしてますけども)

「いつでもどうぞ(*・ω・*)」by 母ちゃん

連日の雪の影響も心配であはるけれど、どうか無事に撮影が終わりますように。
皆さん、頑張ってくださいや(`・ω・´)




2012.01.30 / Top↑
Secret