柴犬の元太から見た日常を楽しくお伝えします♪

皆様もすでにご存知かと思いますが、先日、朝の情報番組「ZIP」でミュージシャンだいすけさんと共に日本全国を旅している「じっぺい」と言う兄弟ワンコが、声帯の部分切除手術をしていたと言うショッキングなニュースを耳にした。

声帯が切除されたのは、この番組が始まる前のことだとか、番組の初期の頃はじっぺいが「ワンワン」と吠えていただとかいろんな情報が飛び交う中、母ちゃんは声帯を切除されてしまったじっぺい君が不憫に思えてならなかった。

犬として生まれてきたからには「ワンワン」と吠えるのは当たり前のことで、もし、飼い主さんの意向で無駄吠えをなくすために手術されたのだとしたら、ちょっと納得がいかない部分もある。

じっぺい君のようなサモエド犬は元々良く吠えるワンコらしく、それがわかっていながらテレビ出演させることにしたのだろうか。

母ちゃんはテレビを観ながら「じっぺい君も元太と同じで全然吠えなくておとなしいワンコねえ(*^。^*)」と言っていたものだが、声帯を切除されていたなら「ワンワン」と吠えることもできないのは当たり前である。

例えばこれが人間だったらどうだろう。

ちょっと極端かもしれないけど「赤ちゃんの鳴き声がうるさいので声帯を切除しました」と言うのと同じではないだろうか(o・ω・o)

そうなると、赤ちゃんが病気をした時、苦しくてもしんどくても泣き叫ぶことができないではないか。

じっぺい君も、もしどこか具合が悪くなって飼い主さんに訴えようとしても「痛いよう」とか「しんどいよう」とか声にして訴えることができない。

ワンコは言葉が話せない分、声で何かを伝えることしかできないのに(´;ω;`)

じっぺい君の場合、部分切除と言うことなので全く声が出ないわけではないそうだけど、ある日突然自分の声が思うように出なかったらどれだけショックだろう。

中には「避妊去勢手術も同じ事やん」と言う人もいるけれど、それとこれとは全く別物である。

未然に病気を防ぐためにする手術と、身勝手に行う手術とは訳が違う。

人間の身勝手で声を失ったじっぺい君は、今日もテレビの向こうで愛くるしい笑顔を見せ、みんなに元気を与えてくれている。

どうかこれ以上、じっぺい君兄弟の心も身体も傷つかないことを祈るばかりである。




        今日のことば
        今日のことば2012-103



        動物は人間のおもちゃと違いますねんで(`・ω・´)

        元太お店2012-121




        ブログランキングに参加しています。
        いつもたくさんの応援ありがとうございます♪

        声を失っても笑顔で頑張ってるじっぺい君にポチをして頂くと
               にほんブログ村 その他日記ブログ ひとりごとへ

        きっと幸せな犬生を送ることができます。うん、絶対!
               br_decobanner_20100726145436.gif

            今日もご訪問くださりありがとうございました(*^_^*)




                ネットショップはコチラから♪
                
画像


                
            お時間のある方はこちらのブログも覗いてみてくださいね♪            
                    s-IMG_0070.jpg

2012.02.04 / Top↑
Secret