柴犬の元太から見た日常を楽しくお伝えします♪

この間、久しぶりに京都のじいちゃんの夢を見た母ちゃん。

目覚めた時、懐かしいのと嬉しい気持ちでいっぱいになり泣きそうになっていた。

そして、忘れないようにと何度も何度もじいちゃんの夢を思い返していた。

で、どんな夢だったかと言うと、夢の中でもじいちゃんと久しぶりに逢うという設定だったようで、場所はある温泉旅館だった。

じいちゃんは母ちゃんの知ってるままのじいちゃんで、いたって元気そうだった。

そこには母ちゃんの他に父ちゃんもいて、三人でじいちゃんと楽しそうに話をしている。

話の流れで、どうやらじいちゃんは温泉旅館の一室を買い取ってそこで暮らしていることを知った。

現実ではありえない話だけに、もうこの時点で夢だということが伺える( ̄∀ ̄;)

元絵描きさんだったじいちゃんが部屋の襖に一晩かけて絵を描いたと言って、その襖を見せてくれた。

残念ながらそれがどんな絵だったかは覚えてないけれど、じいちゃんの力作だった事は覚えている。

それから別の部屋を見せてもらうと、そこには大きな茶色い勉強机が一つ置かれていた。

時々、兄ちゃん家族が泊りにくるらしく、子供達がそこでも勉強ができるようにとじいちゃんが孫のために用意しておいたのだろう。

温泉旅館に勉強机・・・何とも不思議な組み合わせだけど、まあ、夢の中だからよしとしよう。

と、そんなことを思っていると、兄ちゃん家族とばあちゃんも遊びに来て、当たり前のようにお泊りしていき、みんなで楽しい一日を過ごしていた。

・・・・・というところで目が覚めた母ちゃん。

こんなにもリアルにハッキリとしたじいちゃんの夢を見たことがなかったので、母ちゃんはもう一度夢の続きが見たくなった。

現実の世界では決して叶うことがないじいちゃんとの時間。

「夢の中でもいいから、もう一度お父さんに逢って、いろんな話を聞いてほしい(;_;)」

母ちゃんは何度も何度も夢の中のじいちゃんの事を思った。

あれからじいちゃんの夢は見ていないけれど、いつかまたひょっこりじいちゃんが夢の中で逢いに来てくれるかもしれない。

その時はじいちゃんともっといろんな話ができるといいね♪

おいらもいつか夢の中でじいちゃんに逢っていい子いい子してもらいたいなあ・・・。

でもまあ、夢というものはなかなか自分が思うような夢を見せてはくれないものだ。

それでも、こうして現実では逢えない人と逢わせてくれるのだから、ほんとに夢と言うものは不思議なものである。




        今日のことば
        今日のことば2012-621



        皆さんもええ夢見てくださいや。

        元太自宅2012-6214




        ブログランキングに参加しています。
        皆さんの一押しがとっても励みになっています。
        いつもたくさんの応援ありがとうございます♪

        不思議な気持ちにしてくれる夢にポチをして頂くと
               にほんブログ村 その他日記ブログ ひとりごとへ

        今度もきっといい夢を見ることができるかも(^_^)
               br_decobanner_20100726145436.gif

          今日もご訪問くださりありがとうございました(*^_^*)
                



                ネットショップはコチラから♪
                
画像


                
            お時間のある方はこちらのブログも覗いてみてくださいね♪            
                    s-IMG_0070.jpg
2012.06.22 / Top↑
Secret