柴犬の元太から見た日常を楽しくお伝えします♪

mixiでこんなニュースを見た。

オランダの非営利団体「Mars One」が、火星への移住希望者の募集を開始した。と言うもの。
移住計画が実行されるのは2023年。ただし、地球への帰還の予定はないとのこと。

・・・・・・ほんまかいな ( ̄ェ ̄;)

あまりにも現実離れした話しに驚いたが、今の時代、宇宙へ旅行にも行けるのだからおかしくはない話なのだろう。

そして実行されるのが10年後の2023年と言うから、それもまたビックリである。

10年なんてあっちゅう間に経つだろうし、それほど遠い未来ではない。

同団体の発表によれば、「このミッションではまず2016年に通信衛星などの装備が火星に送られ、惑星探査ローバーによって入植に最適な場所を探して、2020年を目処に居住ユニットや生命維持ユニットが整備される。そして2022年9月にクルーを乗せた輸送機が地球を発ち、2023年4月に火星に到着する予定だという。ただし、このミッションでは、クルーは地球に戻らず、火星に住み着き生涯を過ごすことを前提としている。」とのこと。

どうよ?火星に行ったらもう二度と地球に帰ることができないなんて・・・故郷に帰ることができないことほど寂しいことはない。

夫婦喧嘩して「実家に帰らせて頂きます!」なんてことになっても帰ることができないし、家族が病気になってもお見舞いにすら行くことができない。

それ以前に、火星に住むと言うことがどういうことなのか・・・と言うことだ。

酸素はないし、水はないし、きっとそんな環境の中なので緑もなくて動物も虫も植物もいないだろう。

そして自分たちはと言うと、完全防備の宇宙服を着て、酸素ボンベを携帯して、人に触れる事すらできないのではないだろうか・・・。

いや、火星をこの目で見たわけではないのでほんとのところ良くわからないけど、以前地球と良く似た星であると聞いたことはあるが、こうして想像する限りちっとも似てない気がする。

ただ、地球にはない生命体がいたりするかもしれないけど、それらが全て安全な物とは限らない。

住めば都とはよく言ったものだけど、母ちゃん的には絶対ない。

おそらく火星に行くまでに気を失ってるか脱糞してるかが関の山である。

ふと夜空を見上げて、輝く星を眺めながら宇宙への壮大な夢を見てるほうが楽しいものだ。

しかしまあ、この時代に人類がまさか火星に住むことになろうとは、誰が想像しただろうか。

文明が発達するのは致し方ないけれど、目先の事だけに目を奪われ、自分たちの目の前にある大切なものを見失わないようにしたいものである。

で、火星に住むにあたっての条件と言うのがコチラ↓である。

「年齢が18歳以上であり、「強い目的意識」や「健全な人間関係を築き、かつ、それを維持しようとする意欲」、さらに「自己反省する能力」や「信頼する能力」などを備えていることが必要とされるほか、「柔軟な適応力、好奇心、創造的で機知に富んでいること」などだそうな。

これらの要件を満たす応募者の中からMars Oneの専門家らによって選抜された複数名が、最終的にクルーとして参加することとなり、選抜は2013年上半期に開始され、選抜者は出発までの約8年間で訓練を行い、必要な能力などを習得するとのこと。

いやはや、人間的にも素晴らしい人材でなければならないと言うことか・・・無理無理( ̄∀ ̄;)




       今日のことば
       今日のことば2013-112



       未確認生物なおいら。

       元太お店


       先日、うっかり六助さんから頂きました~♪わ~~い(*^。^*)
       ありがとうございます~~!!

       s-こびとずかん2013-1102013-


       カワユス(///ω///)

       s-こびとずかん2013-1102


       PC横のこびとコーナーも充実してきましたで♪

       s-こびとずかん2013-1103




       ブログランキングに参加しています。
       皆さんの一押しがとっても励みになっています。
       いつもたくさんの応援ありがとうございます♪

       果てない宇宙への思いにポチをして頂くと
             にほんブログ村 その他日記ブログ ひとりごとへ

       いつか宇宙人とお友達になれるかも。
             br_decobanner_20100726145436.gif
             
          今日もご訪問くださりありがとうございました(*^_^*)




                ネットショップはコチラから♪
                
画像


        
                
            お時間のある方はこちらのブログも覗いてみてくださいね♪            
                    s-IMG_0070.jpg

2013.01.13 / Top↑
Secret