柴犬の元太から見た日常を楽しくお伝えします♪

イベント最終日。

この日の朝ご飯は、幸子さんのお友達Rさんも一緒にホテルのビュッフェで。

         伊豆イベント (9)

生憎外は本降りの雨で、しかも寒い。

この時期にしては珍しく寒いらしい。

が、この日はイベントまで時間があったので、午前中に近くにある「愛犬の駅」と言うところまで営業へ行くことに。

          愛犬の駅

先日テレビで紹介されたせいか、店内はワンコと人で大賑わいである。

母ちゃんもたくさんのワンコを触るのと、お土産を買うのに大忙しだ。←営業はどうしたWW

そんな中、幸子さんはしっかりと店長さんに営業をかけてくださっていた。

それを見て、母ちゃんも慌てて名刺を渡してご挨拶をする。

とにかく営業時間内は忙しくてゆっくり話を聞くことができないと言う事で、後日、幸子さんから連絡してもらうことに。

幸子さん、本当にお世話になります(;_;)

それからRさんの車で、エクシブへ行くまでに母ちゃんが気になって仕方がなかった伊豆のパラダイスへ足を踏み入れたんだけど、この様子はまた次回に。なんせパンチが強すぎて(笑)

そしてホテルへ帰って最後のイベントタイム。

この日はまずまず忙しく、何事もなく無事に終了した。

心書アート作家 かんだかなえ として初めての単独イベント。

初めは不安でいっぱいだったけど、幸子さんの完璧なサポートのお陰で、体調を崩すことなく無事に終えることができた。

わざわざ逢いに来てくださったブロ友さんや、小松で鈍くさい母ちゃんをずっと心配していたお友達。

母ちゃんの失態で慌てて絵の具を送ってくれた大親友のK。

それから、どこの誰ともわからない「かんだかなえ」のイベントを快く引き受けてくださったK支配人を初め、お心遣い頂いたホテルのスタッフの皆様。

(結局、K村総支配人から似顔絵の依頼がなかったことは忘れませんWW)

そして何より、イベント前から母ちゃんのためにたくさんたくさんお骨折り頂いた幸子さん。

幸子さんがいなければ実現することができませんでした。

皆さんのおかげで楽しくイベントをすることができました。

本当に本当にありがとうございました。

いつか、心書アート作家 かんだかなえ として有名になって、皆さんに御恩返しができるようこれからも頑張っていきたいと思います。


          伊豆イベント (10)

          伊豆イベント (11)


          小松へ帰って5日ぶりに逢った元太。
          ワタシへの挨拶もそこそこに、夜ご飯に食べようと買った
          コンビニ弁当に釘付けだったと言うね( ̄∀ ̄;)

          元太自宅2017-327


          ここでお知らせです。
          今度の9日(日)ですが、木場潟公園にて「さくらまつり」に出店します。
          お近くにお越しの方は是非ともお立ち寄りくださいませ。
          雨天の場合は中止となります。

          さくらまつり





                今日もご訪問くださりありがとうございました(*^_^*)



                ネットショップはコチラから♪
                s-ショップ2

            

      お時間のある方はこちらのブログも覗いてみてくださいね♪

                ぶろぐ
2017.04.06 / Top↑
昨日の続き。

母ちゃんがせっせと似顔絵を描いてると、新たなお客様がやって来られた。

かなり酔ってられる様子の殿方・・・いや、おっさんである。

母ちゃんの目の前の椅子に座ると「おっ!似顔絵描いてるんか。うちのこの可愛い孫も描いてくれ!」と言われたので、「はい(*^_^*)では、お写真一枚撮らせて頂いて、お風呂かお食事されてる間に描かせて頂きますね」と手順通り説明すると、「なんや、今描けんのか?あ?今すぐ描いてくれや」と絡んで来られる。

「はぁ~~????今何言うた??」と言いたいのをグッと堪え、「わかりました。では、今すぐ描かせて頂きます( ̄_ ̄)」と平常心を保ちながら大人な対応をする母ちゃん。

おっさんのお膝の上に乗ったお孫ちゃん。

どうやらこのお孫ちゃんを溺愛しているようで「可愛いやろ?どや、可愛いやろ~」とデレデレである。

・・・・・・・・いや、言うほどでもないで( ̄∀ ̄)と心の中で呟くブラック地蔵♪www

いつものように軽く鉛筆で下書きすると、それを見ていたおっさん「なんや、下書きせな描けんのかい!何も似とらんやんけ!下手くそが!」とまたもや悪態をつく。

一応お客様なので顔では笑いながらも、心の中では「おいこら、おっさん!ええ加減にせんとしばくぞ!」と言いたい気持ちをグッと堪える母ちゃん。

そんな様子を見ていたご家族の方々。

「え、でも下書きでもすごい似てる~~!!」とフォローしてくださる。

その後も「遅い遅い!もっと早よ描けんのかい!!この下手くそが!」とさらに悪態をつかれる。

もうちょっとで筆ペンでそのおっさんの眼を潰していたところである。

と、ここでとんでもない事が起きた。

母ちゃんは似顔絵を描いていたのでその様子を見ることはできなかったんだけど、母ちゃんの隣にいた幸子さんがその一部始終を見ていた。

それは、もう一人傍にいたお孫ちゃんが「わたしも似顔絵描いてほしい~~(*^。^*)」とそのおっさんに近づくと、あろうことか「お前は似顔絵なんか描かんでええ!!!」とそのお孫ちゃんを足で蹴ったそうな。

蹴られたお孫ちゃんは泣きながらご両親の元へ。

その様子を見ていた幸子さんは怒鳴り散らしたいところをグッと堪え、「これ描けたら次に描いてもらおうね(*^_^*)」と、そのお孫ちゃんに優しく声をかける。

するとそのおっさん、幸子さんに向かって「なんやお前、ただボ~~ッと立ってるだけかい!俺の顔描いてくれや!」と絡み始めた。

幸子さんは「・・・・すみません。私は描けませんので」と冷静に応対される。

そのやり取りを耳にした母ちゃんは「一回色紙で刺したろか?」と心の中で呟きながら溺愛されてるお孫ちゃんの描き終えた色紙をお渡しする。

おっさんは最後の最後まで「なんも似とらん」と言いながら、さっさとその場を後にされた。

それから、さっきおっさんに蹴られたお孫ちゃんの似顔絵を描く母ちゃん。

ニコニコと嬉しそうに笑うお孫ちゃん。

さっきの無愛想な孫とえらい違うやないの。←相変わらずブラックな地蔵♪

似顔絵を描きながらお話をする。

そのお孫ちゃんは将来ミュージカルスターになるのが夢だとキラキラした瞳で語っていた。

その夢が叶うといいなあ(*^_^*)と思いながら似顔絵を描く。

どうか、おっさんが邪魔しませんように( ̄_ ̄)・・・と祈りを込めて。


嗚呼、今思い出しても腹が立つ( ̄ー ̄;

後から幸子さんが「香苗さん、よう我慢した!」と言ってくれたけど、幸子さんもあんな風に言われてよくぞ我慢されたなと。

セレブな方ばかりがお泊りされてる中での出来事にちょっとビックリしたけれど、似非セレブなおっさんだったのかもしれないなと。

お品がないにもほどがある。←品のない母ちゃんに言われるなんてよっぽどである(* ̄m ̄)プッ

とまあ、こうしてバタバタと二日目が終了した。

この日は、幸子さんのお友達のRさんも埼玉から一泊の予定でご来場されており、きっと夜ご飯をまともに食べることができないだろうと事前にコンビニで食べるものを買ってきてもらっていたので、その日の夜はコンビニ弁当を怒りと共に食べ尽くしたのだった。


つづく。



          ええい!また腹が立ってきたので可愛い元太の姿で癒されよう(*´ェ`*)

          元太お店2017-404 (1)




                今日もご訪問くださりありがとうございました(*^_^*)



                ネットショップはコチラから♪
                s-ショップ2

            

      お時間のある方はこちらのブログも覗いてみてくださいね♪

                ぶろぐ
2017.04.04 / Top↑
イベント2日目。

この日も朝昼兼用のご飯を社員食堂で頂く。

         伊豆イベント (8)

前日のこともあり若干テンションは下がるも、本来、このイベントを快く受けてくださったK支配人さんが、お休みだと言うのにわざわざ顔を出しに来てくださり、お友達の息子さんの似顔絵を描いてほしいとご依頼までしてくださった。

そんな心遣いがとても嬉しい(*^_^*)K支配人さん、ありがとうございました。

食事の後、またまたラウンジでティータイムをしながら、幸子さんの紹介で新たに仕事に繋がるかもしれない方と商談を。

まだ煮詰まった話はできなかったけど、いつか一緒にお仕事ができたらいいなあと。

幸子さん、素敵な方をご紹介くださりありがとうございました(*^_^*)

そしてこの日は、ずっとお逢いしたかったお二人のブロ友さんがご来場くださった。

ブログを始めた頃からのお付き合いで、10年の時を経て初めて対面することに。

イベント開始と同時にご来場されたブロ友のぽちさん。

思わずハグをして挨拶する母ちゃんとぽちさん。

初めてお逢いしたのに初めてじゃない気がするブロ友さんの不思議。

ぽちさんからのご依頼は、3月いっぱいで退社される職場の方に贈られる色紙。

その方が嵐の大野君が大好きなので、怪物君バージョンの大野君を描いてほしいとのこと。

これが意外に難しく何枚も描き直してやっとお渡しすることができた。

         ブロ友さん (2)

ぽちさんより少し遅れてやって来られたのが、黒柴を飼ってられるりくママさん。

りくママさんはイメージ通り、とても優しくて可愛らしい方だ。

「伊豆まで車を運転して来るなんて絶対ないことなんですけど、香苗さんに逢いたくて必死で来ました!!!(;∀;)」と、道中とても不安だった様子が眼に浮かぶ。

それでも、こうして母ちゃんに逢いに来てくださると言う気持ちが本当に嬉しかった。

りくママさんは黒柴のりくたんのイラストをご依頼してくださった。

         ブロ友さん (1)

ぽちさん、りくママさん、お逢いできて本当に嬉しかったです。

ありがとうございました(*^_^*)

お二人が帰られてから母ちゃんは一気に忙しくなり、筆を止めることもなく、イベント終了時間の夜9時を過ぎてもまだ描いていた母ちゃん。

後で聞いたところによると、この日一日だけで650組ほどの宿泊客がいたそうで、お子様連れのご家族が多かったとか。

そしてこの日、幸子さんも母ちゃんも思わず閉口してしまうようなお客様に出逢ったのだった。

その話はこの次に・・・と言う事で続きます。



          今朝の元太。イベントから一週間。
          今頃になって疲れが出てきたかな。ちょっと身体がしんどい(´・ω・`)

          元太散歩2017-403




                今日もご訪問くださりありがとうございました(*^_^*)



                ネットショップはコチラから♪
                s-ショップ2

            

      お時間のある方はこちらのブログも覗いてみてくださいね♪

                ぶろぐ
2017.04.03 / Top↑
一夜明けたイベント初日。

イベント開始は午後2時からと言う事で朝はゆっくり。

朝の弱い母ちゃんにはありがたい。

朝昼兼用のご飯を社員食堂で頂いた後、海の見えるラウンジでティータイム。

         伊豆イベント (5)

香り豊かなハーブティーを飲みながらイベントに備える。

初めての場所で初めてのイベント。

ワクワクとドキドキと不安が入り混じる。

戦闘服である着物に着替えてフロントとラウンジの間に用意されたイベント場所へ。

          伊豆イベント (6)

大きな看板とチラシは幸子さんがあらかじめ用意してくださっていた。

と、ここで絵を描くには手元が暗すぎることに気づき、総支配人のK村さんにお伝えすると「このホテルのコンセプトなのでどうすることもできませんね」と一言。

どうしようかと困っていると、傍にいたK岩支配人がすかさず「あ、でも手元を照らす蛍光灯あったはずです!」と言ってすぐに取りに行ってくださり事なきを得ることができた。

K岩支配人、グッジョブ!!!

それに引き替えK村総支配人め。←すでに母ちゃんの中では終わってる(笑)

そして、いよいよ午後2時を回り、イベントが始まった。

が、この日は金曜日。

いくら春休みと言えど平日のせいか宿泊されるのは大人の方が多い様子。

この日までに400組が宿泊されてると聞いていたけれど、足を止めてくださるお客様はゼロに近い。

・・・・・・・アウェイ感がハンパない( ̄∀ ̄;)やはりセレブにはウケが悪かったか。

思わず悔しさから涙が出そうになる母ちゃん。

と、気を遣ってか、ホテルのスタッフの方々が似顔絵のご依頼をしてくださる。

・・・・・・・ありがとうございます(;_;)

そうして夕方近くになって、初めてリアルなお客様がやって来られた。

小さなお子様を連れた若いご夫婦だ。

写真を撮らせてもらい、近くへお出かけされてる間に似顔絵を描く。

と、ここで衝撃的な出来事が・・・。

似顔絵の最後にハイライトに入れる白いポスターカラーをパレットに出そうと絵の具を見ると、なんと「白」ではなく「黒」だったと言う痛恨のミスが発覚したのだ。

・・・・・・・・マジか・・・・・( ̄∀ ̄;)黒い絵の具を見つめながら固まる母ちゃん。

こういう時、誰よりも頼りになる京都の大親友KにSOSのLINEを送る。

「緊急事態発生!!!白のポスターカラーをすぐ送れ」

LINEを見て何のことだかサパーリなKもさぞかし慌てたことだろう。

パートを終えたその足で文房具屋さんへ走り、白のポスターカラーを購入し、コンビニから翌日の午前中着でホテルへ発送してもらうことに。

そして運が良かったのかどうなんだかわからないけど、パレットには以前使って洗わずにいた白のポスターカラーがこびりついていた。

でかした自分(;∀;)

それを水で溶かして何とかこの日は事なきを終えることができた。

そんなこんなでたいして忙しい事もなかったのに夜ご飯を食べるタイミングを逃し、イベント時間の夜9時を終えてからラウンジで軽食を頂き、イベント一日目が終了した。

          伊豆イベント (7)


・・・・つづく。



          リアルな第一号のお客様。足を止めてくださり本当に
          ありがとうございました(*^_^*)

          似顔絵


          伊豆へ行く前の日の夕散歩にて。
          4日間元太に逢えないと思うだけで胸がキュンとなった。

          インスタグラム2017-322




                今日もご訪問くださりありがとうございました(*^_^*)



                ネットショップはコチラから♪
                s-ショップ2

            

      お時間のある方はこちらのブログも覗いてみてくださいね♪

                ぶろぐ
2017.04.02 / Top↑
カトーさんの案内で楽しい時間を過ごし、そろそろホテルに行かないと!と思ってると、幸子さんの携帯が鳴った。

ホテルの支配人Kさんからだ。

この日は、オーナー様である幸子さんの計らいで、18時からオーナー様限定の「美食会」で夜ご飯を頂くことになっており、17時半を過ぎても母ちゃんたちがやって来ないので、痺れを切らして電話をかけてこられたのだった。

支配人Kさんは時々オネエが垣間見られるらしく電話の向こうで「今、どこにいるの~~~~?美食会始まっちゃうじゃないの~~!」と、オネエ言葉で心配されていた。

新幹線に乗り遅れ、予定の到着時間を軽く1時間は遅れていたにも関わらず、観光地巡りを満喫していた母ちゃんと幸子さん。

結局ホテルに着いたのが、美食会が始まる5分前だったと言うね。

ホテルに着くや否やそのまま美食会のある会場へ通される。

会場前ではたくさんのスタッフさんがお出迎えしてくださり、場馴れしていない母ちゃんは恥ずかしいやら恥ずかしいやら恥ずかしいやら・・・。

会場の中に入ると、それぞれのお席にセレブな方々が鎮座されている。

料理長直々の挨拶が終わり、いよいよ美食会の始まりである。

この美食会の収益の一部は東日本大震災の遺児や孤児の皆さんに寄付されるそう。
          
          伊豆イベント (3)

          伊豆イベント (4)

お料理を頂きながらお向かいのご婦人の会話がちょいちょい耳に入る。

          美食会 (1)

「あのたくさんの美術品、私が死んだらどうするつもりなんでしょ」

          美食会 (2)

・・・・・・自慢かい( ̄ー ̄;

て言うか、母ちゃんお刺身食べられなかったんだよね(笑)

          美食会 (3)

          美食会 (4)

          美食会 (5)

スローペースのお食事にすでにお腹がいっぱいになる母ちゃん。

それでもこのすき焼きは美味しかったww

          美食会 (6)

          美食会 (7)

この後出された緑茶を飲みながらホッと一息ついてると、お向かいのご婦人が「あら~、ほうじ茶ないのかしら?ご飯の後はやっぱりほうじ茶よねぇ。」と、ホールスタッフの方にほうじ茶を持ってこさせるご婦人。

・・・・・出されたお茶ぐらい黙って飲めや( ̄ェ ̄;) と心の中で思う母ちゃん。

          美食会 (8)

お腹いっぱいだと言いながら、最後のデザートまでしっかり食べ尽くした母ちゃん。

とっても美味しゅうございました(*^_^*)


こうして伊豆初日の夜は更けていったのだった。

次からやっとイベントですよ~~(笑)



           お留守番中の父ちゃんから送られてきた元太画像。

           元太2017 (3)




                今日もご訪問くださりありがとうございました(*^_^*)



                ネットショップはコチラから♪
                s-ショップ2

            

      お時間のある方はこちらのブログも覗いてみてくださいね♪

                ぶろぐ
2017.04.01 / Top↑